考察

今日の考察/厚労省職員と検疫官が新たに感染 クルーズ船内で業務 | AbemaTIMES

私はエボラの生存者ですが、自分の無知のために生き残りませんでした。それはすべて準備不足のためでした。私はいつも病気でした。毎日。妻と私は、子どもたちを養い、世話をするのに忙しかったので、私たちはお互いに時間を費やすことができませんでした。お互いの名前を覚えたり、笑ったり、泣いたりする時間はありませんでした。私たちはすぐに物事を学ぶ必要があり、他の人のことを気にかけようとするのに忙しすぎました。

気分が悪くなったとき、私は何をすべきか分かりませんでした。それは暗い時間でした、そして、私は私がどれほど病気であるかを知りませんでした。私はただ疲れていたと思ったが、私は本当に病気だった。私は多くの重量を失いました。私の足は腫れ上がっていて、形が腫れているように見えました。私はいつも投げ始めましたが、どこに行くべきか、どのように助けを得るべきかを知りませんでした。私はとても暗い場所にいました。どれだけの時間を残したかわかりませんでした。

それは私の隣人が救助に来たときです。彼らは私をバスに乗せて疾病対策予防センター(CDC)に電話し、病院に連れて行って、アトランタのエモリー大学病院に連れて行ってくれました。彼らは私にZMappと呼ばれる実験薬をくれました。それは私の命を救った。それは、母、祖母、エボラの影響を受けた人々の命を救った奇跡の薬のようなものです。

家族と私が病院に到着したとき、彼らは私の部屋に看護師を派遣してくれました。彼女は風邪をひいたと言ったが、私にピルを与えて、それを取るように言った。私はそれを取り、その後すぐに、気分が良くなり始めました。翌朝、看護師は私の妻に電話して、私たちが病院に到着したことを伝えました。スタッフは私を隔離病棟に連れて行き、そこで医療スタッフが輸血をする準備をしていました。エボラが病院に到着したので、病院がCDCスタッフに伝えるように彼女に言ったと妻が上に走っていることを覚えています。彼女はCDCが私を隔離ユニットに連れて行こうとし、実験薬を与えようとしていたと言った。私は怖かったし、家族のために怖かった。家に帰りたくなかった。私は家族に再び会いたくありませんでした。怖かった。

2日後、私は気分が良くなり始めました。 3日後、私は回復しているように感じ始めました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日の考察/横浜 「必要な量の1%に満たず」 ワクチン接種計画を見直し|TBS NEWS(1) 2016年3月4日時点で、横浜警察署(YPD)は、エボラウイルスへの感染の疑いがあると厚生労働省に通報していた。 (2) YP...

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

厚労省職員と検疫官が新たに感染 クルーズ船内で業務 | AbemaTIMES
times.abema.tv


Photo by Urban Biker Marc

今日の考察/新型コロナ 瀬戸内市で1人感染 県内2479人に:山陽新聞デジタル|さんデジ福島県では新たな感染者が増え続け、1,058人が診断された。同県では、原発が稼働してから初めてコロナを発症したと、読売新聞が厚生省を引用...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です