考察

今日の考察/韓国で集団感染を起こした新興宗教団体は、今最も警戒される教団だった | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

朝鮮半島の南海岸にある韓国は、魚介類の主要生産国であり、韓国からの移民もかなりの人口を抱えています。中国に近接していることと、韓国以外の韓国人の人口が世界で2番目に多いことから、韓国は仏教の普及の中心となっています。現在、日本のキリスト教のカルトであるオウム真理教の支持者は100万人近くで、19​​80年代から同国で活動しています。彼らの活動は「仏教徒の波」として知られ、この波が韓国人の間で集団病の発生を引き起こした。 1996年、韓国の少なくとも60,000人が、脊髄のまれなタイプの細菌感染症である急性弛緩性脊髄炎にかかりました。

オウム真理教は、他の国で流行を引き起こしたカルトだけではありません。エホバの証人を含む世界最大の宗教運動の多くは、長年カルトのような活動に関与してきました。

カルトの世界

オウム真理教(または真理教)カルトは、1987年に創設者の望月真一がフレッドフェルプス(または牧師)によって設立された秘密の宗教グループである「セブンスアドベンティスト」(SDA)として知られるグループの教えに興味を持つようになったときに始まりましたフレッド)。このグループは、他の多くのキリスト教グループと同様に、世界は2000年末に終了することを教えています。彼らは、これが反キリストの到来に対する最後のカウントダウンであると信じています。

SDAは、すべての生き物は神聖に創造され、神への「パートナー」と見なすことができ、将来いつか神と再会することを望んでいます。彼らは、世界が完全な変容、すなわち「大world難」を経験し、その時にサタンが世界を支配しようとすると信じています。 SDAは、この「大Tri難」が1987年に始まると考えていますが、正確な日付に関する情報は提供していません。 SDAは、サタンがハルマゲドンがまもなく発生することを人々に納得させようとすると言いますが、人々はすでに天の報酬を受け取っているので、これは起こりません。

セブンスデイ・アドベンティストは、イエス・キリストが地球に戻る瞬間であるラプチャーは2000年に起こると信じています。ラプチャーの後、SDAは、新しいエルサレムと呼ばれる新しい世界が生まれると信じています

今日の考察/学術会議、年内に改革案 会長が井上科技相に伝達 - 産経ニュース2015年7月10日(水)日本学術会議の年末までの改革案は、科学技術分野での国際競争力を高めるとともに、国が高い水準の研究開発を維持でき...

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

韓国で集団感染を起こした新興宗教団体は、今最も警戒される教団だった | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
www.newsweekjapan.jp


Photo by Public Services International

今日の考察/「重点化」が「ゲンテン化」? 首相、所信表明で複数箇所言い間違い  - 毎日新聞首相は アジア太平洋をあきらめるつもりはないが、自由貿易圏ではないという現実を無視するわけにはいかない。 首相:アジア太平洋をあきらめ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です