考察

今日の考察/【速報】北海道 31人目の感染者 札幌市在住の60代の日本人女性 – FNN.jpプライムオンライン

北海道で31番目に感染した人:札幌に住む60代の日本人女性FNN.jp Prime Online

日本のオンライン新聞Sapporo-FNN.jpは本日、60代の身元不明の男性が女性から病気にかかったと報じた。感染源は不明ですが、調査中です。

彼は2013年8月4日に病気になり、福岡工業大学に入院しました。治療後、彼は安定した状態にあると報告されています。

彼が病気の前または後に感染したかどうかは不明です。

「私たちが知る限り、この病気は新しい」と福岡工業大学の感染症の専門家である藤田康夫博士は述べた。通常の感染では、1人の感染者が7人に感染する。

人間が病気を獲得できる唯一の動物であると信じられています。

感染した人々と病気の症状は出血熱を引き起こすエボラの症状に似ています。また、筋肉の発熱、衰弱、衰弱、内出血および外出血も特徴です。

しかし、病気は致命的ではなく、患者は適切な治療で完全に回復します。

今日の考察/加藤官房長官、04年文書「将来の任命拒否の可能性排除するものでない」 - 毎日新聞"内務省の決定を外務省に知らされていたとしても、外務省の拒否権を持つべきではない" - 外務省 "詳細は知らないが、外務省は任命を辞退...

一方、日本で誰かが感染しているというニュースはありません。

©Japan Today

女性が陣痛し、男性外科医がCセクションを行うために彼女の体に入るとき、それは非常に一般的な光景です:女性と男性、腕が交錯し、手が触れ、頭がお辞儀をします。

労働の女性はしばしば女性よりも男性をよく見ますが、なぜそうではないのでしょうか?この危機の時代に、男性と女性が共有できることはたくさんあります。しかし、Cセクションの場合、女性はしばしば、見ることを強いられ、時には彼女のパートナーと分娩を分担することさえ強いられます。

出産後、女性はしばしば痛みを伴う手順を経て赤ちゃんを育てることになります。彼女は時々彼女のパートナーによってそうすることを強いられます。しかし、彼女は痛みを緩和せずにそうし、赤ちゃんよりも痛みを感じることがよくあります。多くの男性は、女性が痛みを感じておらず、元気であるとすぐに思います。

女性と男性の間のこれらの親密な瞬間に関する多くの統計はありませんが、女性が人生の最も困難な時期を通して赤ちゃんの世話をすることがしばしば残されていることは明らかです。これは新しい経験ではありません

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

【速報】北海道 31人目の感染者 札幌市在住の60代の日本人女性 – FNN.jpプライムオンライン
www.fnn.jp


Photo by International Railway Summit

今日の考察/食事会伴うクラスター13人に拡大 岐阜県、新規感染者5人 | 岐阜新聞Web出典は、「岐阜県」です。岐阜県、共同通信社 寺田進・梶山哲也 東京(ロイター) - 高レベル放射性廃棄物を用いた新しい、より効率的な...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です