考察

今日の考察/専門家会議メンバーが明かす、新型コロナの「正体」と今後のシナリオ(Yahoo!ニュース 特集) – Yahoo!ニュース

米国国立海洋大気庁(NOAA)によると、太陽のコロナの新しい「X線」画像は、最も強力な太陽現象の構造と歴史、「太陽系で最も強いコロナ磁場」を明らかにします。 [新しい画像に関するビデオはこちらをご覧ください。]

「太陽コロナのX線観測は、太陽の内部にユニークな窓を提供します」と、NOAAの太陽動力学観測所(SDO)の主任調査員であるポール・ノスは言いました。 「この新しいX線データは、磁場の構造や進化など、コロナの特性の一部を理解するのに役立ちます。このコロナ磁場を駆動している物理プロセスについても学んでいます。」

太陽のコロナの新しいモデルは、X線望遠鏡チャンドラによって最近テストされました、とNossは言いました。そのデータは、太陽のコロナが約200ナノメートルの波長のX線で見ることができることを明らかにしました。これは可視光スペクトルの「最も明るく最高のエネルギー」です。 Nossは、1990年代半ばに最初にコロナの研究を始めたとき、コロナは非常にかすかで、しばしば見づらいことを指摘しました。

「しかしそれ以来、私たちの機器は改善され、より詳細な観測を行って太陽コロナを明らかにしています」と彼は説明しました。 「SDOによって行われた新しい観測は、冠状構造とその進化を理解するのに役立ちます。」

コロナは太陽の最も内側の層であり、プラズマで構成されています。プラズマは表面から太陽の中心に非常に速く移動するため、コロナは光の速度よりも速く移動します。

高度な調査用カメラと太陽動力学天文台による太陽のコロナの画像。

太陽コロナは、太陽の可視光です。コロナは、太陽によって高速に加速されている高温ガスからの光であるため、通常、可視波長で可視です。ただし、コロナは赤外線波長でも見ることができ、実際には太陽風によってイオン化される高温のガスです。

今日の考察/ワクチン接種 医師不足地域では歯科医師にも認める方向で検討 | 新型コロナ ワクチン(日本国内) | NHKニュース"FDAとFDAのマイケル・S・ブラウン博士は、ワクチンに関する研究で2012年のノーベル生理学・医学賞を受賞したばかりです。 以下は...

コロナは激しい太陽活動のシーンでもあります。なぜなら、高速に加速されたプラズマの粒子は常に太陽の表面と周囲の空間に衝突しているからです。しかし、コロナ物質も太陽の磁場によって加熱されています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

専門家会議メンバーが明かす、新型コロナの「正体」と今後のシナリオ(Yahoo!ニュース 特集) – Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp


Photo by BTO – Official

今日の考察/【詳細】過去2回と何が違う? 大阪 3回目の宣言 その内容とは… | 新型コロナウイルス | NHKニュース例えば、同じファイルの中で、関数が異なる箇所で宣言されている場合はどうなるでしょうか。 // ファイル "foo.js" define...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です