考察

今日の考察/「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議 – 毎日新聞

エボラ患者との接触があり、軽度の発熱またはインフルエンザのような症状があると思われる場合は、112に電話してください。番号は英語、中国語、タガログ語、ベトナム語です。

連絡先の詳細を友人、親relative、または知りたくない人に教えないでください。

オーバーオールに着替えた後、食事を準備する前に手をよく洗ってください。

エボラ出血熱などの病気の治療を受けた同僚や患者が心配な場合は、受付の医師に112に電話するように伝えてください。

世界保健機関(WHO)は、西アフリカでは現在流行はないという声明を発表しました。

2014年10月1日、WHOは、ナイジェリア、ギニア、リベリアでのエボラウイルス疾患の疑いのある、可能性のある、確認された症例の治療に関するエボラプロトコルを更新しました。

WHOは、エボラが地域の他の国に広がる可能性から公衆と医療システムを保護するために、エボラが復活した場合に医療従事者と公衆の最高の安全を確保するための包括的な計画を策定しています。

2014年10月7日から2014年12月31日まで、WHOは西アフリカのエボラ対策チームと協力して、状況を評価し、対応を定義し、将来に備えます。

また、WHOは、エボラについて国民に教育し、可能な場合には彼らが自分自身や他者を保護するための行動をとることを支援するための啓発キャンペーンを開始します。

今日の考察/調布の住宅街で陥没 外環道トンネル工事のルート真上 以前から振動が問題に:東京新聞 TOKYO Web外環道トンネル工事のルート直上にある調布市の住宅街では、以前から振動問題が発生していた空洞が発生している。 調布と海海の洞窟をきれいにす...

WHOは、ナイジェリア、リベリア、ギニアと協力して、これらの国々で将来の大流行が発生した場合の実施計画を策定しています。

ナイジェリア政府は、保健省からエボラ出血熱の疑いがある人のための専用のコンタクトセンターを設立しました。

WHOはナイジェリア保健省に約2,000用量のエボラ血清を提供しています。

国際社会は、リベラの保健省と協力して、エボラウイルス病が公衆衛生に与える影響を最小限に抑えています。

2014年10月1日以来、WHOは、リボラの政府がエボラ出血熱の発生時に医療従事者と公衆の最高の安全を確保するための包括的な計画を策定し、実施することを支援してきました。 WHOは、すべての加盟国と国際社会にこの計画の策定を支援するよう奨励しています。

リベリア保健省は、保健省からエボラ出血熱の疑いがある人のための専用の連絡センターを設立しました。

WHOは、リベリア保健省に約100用量のエボラ血清を提供しています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by Juhele_CZ

今日の考察/東京都で新たに150人の感染確認:東京新聞 TOKYO Web: 東京ウェブリケ 2014.05.13 12:21:44 12-05-2014 津波が東京の海岸線を襲う 今年5月12日の午前2...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です