考察

今日の考察/クルーズ船の外国人船員を忘れるな──押し付けられた危険任務 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

海軍の最近の駆逐艦であるUSSツムウォルトの注文は、米国海軍がこの傾向をどの程度受け入れているかを示す完璧な例です。船の建造はほぼ完了していますが、海軍はすでに、1990年代後半から2000年代初頭に前任者が注文したのと同じ種類の船をさらに注文しました。海軍が新しい船を買い続けると、この傾向は加速するだけです。

これらの船のコストを正当化するために海軍が使用した議論の1つは、25年以上前の船を交換するためにちょうどよいタイミングでZumwaltが建造されているということです。 Zumwaltは、40年以上使用されているUSSジョンステニスを置き換えるために建設されています。これは、「1つ購入して1つ無料で」という典型的なケースです。海軍はすでに船であるZumwaltを購入しています。

Stennisは1970年代に建てられたため、2025年代まで交換する必要はありません。これにより、海軍はZumwaltが「必要な時期」に建てられたと主張することができます。しかし、それは海軍がすでに持っている船にとっての「必要な時」ではありません。海軍がより多くの船とより多くの武器システムを備蓄することが「必要な時」です。

船自体は新しいものですが、新しい武器システムも開発されています。新しいF-35ジョイントストライクファイターは既に海軍の戦闘艦隊の大きな部分を占めており、F-35Bの「スーパーホーネット」バリアントはアメリカのキャリアベースの代替品となります。 2020年代のエンタープライズ(CVN-65)。海軍の最新の艦載ミサイルであるSM-6は、2000年に海軍のトマホークミサイルの代替として開発されました。SM-6ミサイルは、イージスやターミナル高高度地域防衛システムなど、あらゆるタイプのミサイル防衛システムを貫通できます。 。

海軍はまた、トマホークよりも長距離で低速で飛行できる新しい長距離対艦ミサイル、LRASMを注文しました。 LRASMは、既存のミサイル防衛を打ち負かすこともできます。米国防総省は、非戦略的な弾道ミサイルの脅威の増加に対抗するために、数千のLRASMミサイルを開発して購入する必要があると予想しています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日の考察/学術会議、年内に改革案 会長が井上科技相に伝達 - 産経ニュース2015年7月10日(水)日本学術会議の年末までの改革案は、科学技術分野での国際競争力を高めるとともに、国が高い水準の研究開発を維持でき...

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

クルーズ船の外国人船員を忘れるな──押し付けられた危険任務 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
www.newsweekjapan.jp


Photo by UNMISS MEDIA

今日の考察/京都の感染8人、女性会社員ら入院 新型コロナ、23日発表|社会|地域のニュース|京都新聞ナイジェリアで保健ワーカーの間でエボラ感染が2例確認された。 ボスニア ギニアでエボバンの疑いがある2例。 エボラウイルス病(EV...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です