考察

今日の考察/大阪市立の幼稚園と小中学校、2週間休校 未然に防止へ [新型肺炎・コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

ウイルスが流行している間、ここ数週間楽しんでいただけたことを願っています。今年はCDCにとって、そして宿題をしている人たち(私はとても怠け者ですが、これはそうではありません)にとって非常に忙しい年になるでしょう。

事態が発生したときにお知らせします。このブログをご覧いただきありがとうございます。

3歳の息子が定期検診のために診療所に連れて行かれたときに彼女が児童性的虐待の被害者であると主張した女性は、彼が適切にスクリーニングに失敗し、失敗したと主張して、ケアを担当する医師を訴えています彼女を考慮に入れてください。

この女性の事件は、2月に6歳の少年に関する同様の事件を聞いた同じ裁判所であるウェリントンの高等裁判所で行われています。法律事務所のモーリス・ブラックバーンに代表されている女性は、少年の名前を明かさないことに決めました。

少年の母親は、2010年2月26日に定期的な健康診断のためにオークランドの私立クリニックに行きました。

女性は、彼女が3歳のときに性的虐待の被害者であると主張した。

医者は少年を診察し、彼は元気だと言った。

月曜日にウェリントンの高等法院に出頭し、名前が付けられていない看護師と医師は、昨年、少年が性的虐待の症状を何も持っていないことを控訴裁判所に伝えた。

今日の考察/食事会伴うクラスター13人に拡大 岐阜県、新規感染者5人 | 岐阜新聞Web出典は、「岐阜県」です。岐阜県、共同通信社 寺田進・梶山哲也 東京(ロイター) - 高レベル放射性廃棄物を用いた新しい、より効率的な...

彼らは、少年の健康は2006年以来注意深く監視されており、彼は一度に多くの病状にさらされた可能性があり、病気ではなかったという事実は母親の主張を支持しなかったと述べた。

裁判所は、看護師が少年が年に数回医者に診察される必要があることに気づいており、耳の感染症の既往があると聞いた。

2月26日に友人の要請でクリニックに通った女性は、待合室で医師に会いました。

彼女は医師が「とてもいい」と言い、「彼は最高の医師だ」と言ったが、彼女が子どもの性的虐待の被害者だと言ったとき、彼は彼女の虐待歴について彼女に尋ねなかった。

「私は非常に強い女性であり、人生で多くのことを経験してきました」と女性は法廷で語った。

「しかし、これは私の3番目(事故)です。」

彼女は、医師が彼女の試験でトラウマや性的虐待の兆候がないと彼女に告げたとき、彼女は荒廃したままだったと言いました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

大阪市立の幼稚園と小中学校、2週間休校 未然に防止へ [新型肺炎・コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
www.asahi.com


Photo by IAEA Imagebank

今日の考察/「重点化」が「ゲンテン化」? 首相、所信表明で複数箇所言い間違い  - 毎日新聞首相は アジア太平洋をあきらめるつもりはないが、自由貿易圏ではないという現実を無視するわけにはいかない。 首相:アジア太平洋をあきらめ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です