考察

今日の考察/森法相の不信任案提出 定年延長「司法根幹揺るがす」:朝日新聞デジタル

2018年7月27日

出典:朝日新聞デジタル

内容:

翻訳:

日本語

現在上院議員を務めている元最高裁判所長官の橋本義久は、メディアとのインタビューで最高裁判所の裁判官の任期をさらに3年間延長する提案を提出した。最高裁判所の任期は2018年8月中旬に期限切れになる予定でしたが、現在の任期は2019年7月末から2020年8月末まで延長される予定です。最高裁判所の任期は最低25年間続くように設計されています。

朝日新聞デジタルとのインタビューで、橋本は、彼の提案に対する彼の支持は、裁判官が老後まで仕事を続けるべきだという彼の信念に由来すると述べた。 「最高裁判所は裁判官の年齢制限を設定する必要があります。最高裁判所の現在の任期は25年に設定されており、ほとんどの訴訟はまだ係属中です。その意味では、まだ働いている裁判官はまだ人々に仕えています裁判官が引退することを望んでいないと高齢者に言われました。」

橋本は、彼の提案は最高裁判所自体に関するものではないと述べた。それは法律に関するものです。 「私はこの提案がすべての裁判官に受け入れられることを望んでいる。年齢制限は法律によって設定されなければならない」と彼は言った。

今日の考察/吉村知事「街全体を止めるぐらいのことやらねば」…飲食店も休業要請対象に(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース日本の原子力規制委員会(NRA)は、大飯原発の再稼働計画を却下しました。これにより、川内原発の2基の原子炉が停止することになります。3月...

現在、最高裁判所は2年の任期で活動しています。現任期において、裁判所は年間10件の訴訟を審理することを決定し、合計で約150件の訴訟事件を審理しました。今年聞かれる10件の訴訟のうち、9件は下級裁判所判決の控訴です。

裁判所の現在の任期は2019年7月25日に期限切れになるため、橋本の提案は翌年の2020年8月25日まで有効です。

インタビューで、橋本は現在、刑事事件を処理する平和司法裁判所の活動を検討していると述べた。 2018年10月中旬までに、内閣官房長官によって選出される新しい首席裁判官が決定されることが期待されています。現在、平和司法裁判所は2年の任期で活動しています。

最高裁判所判事の任期は10年であり、橋本は、まだ働いている判事が仕事を老後まで続けられることを望んでいる。 「裁判官が老後まで仕事を続けてほしい」と彼は言った

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

森法相の不信任案提出 定年延長「司法根幹揺るがす」:朝日新聞デジタル
www.asahi.com


Photo by Madilyan

今日の考察/受け入れ病院 “現場は災害レベル”|NHK 関西のニュース▪ 政府は、病院が複数の施設を運営できるようにすることで、被災地における医療の質を向上させようとしています。新しい法律では...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です