考察

今日の考察/世界で「非常に高い」に引き上げ WHO、新型ウイルスのリスク:時事ドットコム

2つの主な違いは何ですか?

多くのこと、明らかな違いもあります。この病気は現在熱帯地方に広がっていますが、エボラは熱帯病ではなく、すでに感染したか、感染した人と密接に接触した人間によってのみ西アフリカに持ち込まれました。ウイルスが人間から他の人間に伝染することができたのは2年後のことです。

エボラは感染した体液の密接な接触によってのみ伝染するため、感染した人と接触していない人は危険にさらされません。

WHOと国連機関、WHOとUNFPAもエボラワクチンと治療の開発を試みています。

現在の西アフリカの流行は、エボラとは非常に異なる病気です。流行はエボラの影響を受けていない国々の熱帯地方にあります。これは、エボラ出血熱治療センターでの流行のために病気が広がらず、ワクチンが不足しているために流行が広まらなかった、意識不足のために病気が広まらなかった状況です。

なぜワクチンがそんなに重要なのですか?

病気にさらされた人々を保護するためにワクチンを開発する必要があります。エボラワクチンが成功するためには、この病気が西アフリカに導入され、この病気が広がっているため、エボラ治療センターでのアウトブレイクは見られず、国際的な協力を通じてこれを行うことができる必要があります。まだワクチンを持っています。

このワクチンは、危険にさらされている人々を保護し、他の医療従事者や感染者との接触を通じて接触できるようにするために不可欠です。

今日の考察/【小池百合子】小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出|日刊ゲンダイDIGITAL都知事の "五つの小手先 "策、"逃亡 "コロナの撤去も含めてドヤ顔で批判されています。 都内の公園に建っていた仏像を象徴的に撤去し、...

エボラワクチンは現在取り組んでいますか?

はい、エボラワクチンに取り組んでいる国がいくつかあります。いくつかの試験が実施されており、最新の試験は9月下旬に米国で発表され、別の試験は先週ドイツで発表されました。

西アフリカから導入された他の病気のワクチンに取り組んでいるいくつかの試験もあります。

トライアルはまだ進行中です。現在のワクチンは、利用可能なワクチンが不足しているために十分に迅速に開発できないため、あまり開発されていません。ワクチンは非常に遅いペースで開発されていますが、いくつかのワクチンの開発に取り組んでいる国もあります。

Terraria Wikiから

ムーンストーンは、ムーンロードからドロップされるハードモードドロップです

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

世界で「非常に高い」に引き上げ WHO、新型ウイルスのリスク:時事ドットコム
www.jiji.com


Photo by jrsachs

今日の考察/熊本県 蒲島知事 治水対策転換 新たなダム建設を国に求める | 気象 | NHKニュース午後5時30分:"入れない方の避難命令が出ています" (テレビの映像) 午後5時27分:鶴岡地区民防事務所の職員がテレビ朝日に、避難所...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です