考察

今日の考察/沖縄市の小中学校も4日から休校 新型コロナウイルス対策 卒業・修了式は開催 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

沖縄県の小・中学校の合計26,955人の生徒が卒業式に出席しています。これは、県でのニューコロナウイルスの発生に捧げられた世界初の卒業式であると、沖縄県は火曜日に述べました。

「式典に出席できなくなることを非常に残念に思います」と、菅芳秀内閣官房長官は語った。

沖縄県警は、大規模な公衆衛生の発生の可能性があるため、月曜日に県内の学校に式典への扉を閉めるよう促し始めました。

市は、県内でのウイルスの大規模な発生の可能性についての報告を受け取っていない、とスガは言った。

「私たちは、公衆を可能な限り安全に保つための緊急措置への全面的な支援を提供し続けます」と菅は言った。 「県政府はまた、公共施設をチェックするために医療従事者を動員しました。」

スガ氏によると、県政府はウイルスの影響を心配している子供や家族に医療支援を提供し、それを必要とする人に医療支援を提供する予定です。また、ウイルスの健康に関する最新情報を提供するために、米国疾病対策センターと調整しています。

ジャーナル「Environmental Research Letters」に掲載された新しい研究では、マイクロビーズと呼ばれる新しいタイプのプラスチックが太平洋で洗い流されており、環境に害を及ぼしている可能性があります。

マイクロビーズは、化粧品やその他の化粧品の油や汚れを剥離して除去するために使用されるプラスチックの小さな粒子です。また、パーソナルケア製品でも広く使用されています。

今日の考察/“緊急事態宣言で休業要請の対象として検討”カラオケ店は|NHK 首都圏のニュース続きを読む ナショナル・キャピタルがカラオケ・パーラーを閉鎖すべき理由 デリー政府は日曜日に、市内の5つのカラオケセンターに対して緊急...

この研究では、太平洋で最大のマイクロビーズ濃度が見つかり、一部の海域では1立方メートルあたり5,000ミリグラムもの高濃度であることがわかりました。

研究者は、ハワイとカリフォルニアのビーチから、マイクロビーズを含む1,000個以上のプラスチック破片​​のサンプルを収集しました。

研究の著者は、マイクロビーズは海洋生物と生態系に有害であると述べています。彼らはまた、マイクロビーズが海洋の汚染量を増加させた可能性があるとも言っています。

「これらのプラスチック粒子の濃度と汚染との間に強い相関関係があることがわかりました」とロードアイランド大学の共著者で教授のポール・マクジオックは述べています。 「水中に多くのプラスチックがあると、より多くのマイクロプラスチックが見られ、より高い濃度が見られると想像できます

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

沖縄市の小中学校も4日から休校 新型コロナウイルス対策 卒業・修了式は開催 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
www.okinawatimes.co.jp


Photo by cattan2011

今日の考察/受け入れ病院 “現場は災害レベル”|NHK 関西のニュース▪ 政府は、病院が複数の施設を運営できるようにすることで、被災地における医療の質を向上させようとしています。新しい法律では...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です