考察

今日の考察/休校でも給食は希望者へ提供するつくば市の英断 給食が命綱の子どもが日本全国にいる(井出留美) – 個人 – Yahoo!ニュース

母親と彼女の6歳の息子が、子供を養うのに十分なお金を持っていなかったために日本政府からサマーキャンプから家に帰るように言われたとき、彼らはショックを受けました。彼女は子供を養うか、家に帰るかを選択する必要があったのは初めてでした。彼女の娘は学校の食堂で1日飼育され、母親は1日並んで彼女の場所を放棄しなければなりませんでした。彼女の息子は母親と娘と一緒にいました、そして、彼女とラインの他の母親は家に帰りました。並んでいる他の母親には、安全のために1日分の食料が余分に与えられました。

母と息子が試練の後にキャンプに戻ったとき、彼らは大きな驚きに会いました。日本政府は、彼らに余分な一日の食事と軽食を与えるのに十分親切でした。家族はそれぞれ1回の小さな食事を与えられました。他のすべての母親は、1日余分に食事をしました。

「それがどうあるべきかとは思わない」と、聴聞会に出席するために一日キャンプを去るように頼まれた母親は言った。 「私はこれらの子供たちにはとても気分がいい。1日子供たちから離れることがどんなものか想像できない」と彼女は言った。

しかし、彼女も怒っていました。 「あなたの子供たちを養うことができるのは素晴らしいことですが、余分な日をとることで何が悪いのですか?」彼女は言いました。

数週間後、この母親は同じキャンプから来た子供たちのグループを見たとき、学校給食のために行列の前近くに立っていました。 「私は彼らを見たことがなかった」と彼女は言った。 「今まで見たことのないものを見ました。子供が腕に、手に小さな箱の食べ物があった母親」。彼女は自分の目を信じることができませんでした。彼女の娘はお腹がすいた。

「私が最初に考えたのは、これらの子供たちを助けたいということでした」と彼女は言いました。 「私は彼らに何か食べるものを与えたかったのですが、お金がありませんでした。「なぜ生き延びるのに十分なだけ与えないのですか?」

彼女は食べ物の箱を娘の手に入れました、そして、彼女が小さな女の子が「もっと持っていけますか」と言うのを聞いたとき、彼女はちょうど彼女に食べ物を与えようとしていました。

今日の考察/【小池百合子】小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出|日刊ゲンダイDIGITAL都知事の "五つの小手先 "策、"逃亡 "コロナの撤去も含めてドヤ顔で批判されています。 都内の公園に建っていた仏像を象徴的に撤去し、...

「はい」と母親は言った

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

休校でも給食は希望者へ提供するつくば市の英断 給食が命綱の子どもが日本全国にいる(井出留美) – 個人 – Yahoo!ニュース
news.yahoo.co.jp


Photo by cseeman

今日の考察/大阪維新の「ニューリーダー」吉村氏、求心力に課題(1/2ページ) - 産経ニュース沖縄の復興 2005年8月現在、東京都、大阪府、日本財団が提案する新たな都市再生プロジェクト「沖縄復興」により、戦前の都市の復興が始ま...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です