考察

今日の考察/24市町、全公立休校 大田原市は午前授業 新型肺炎 政府要請|社会,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎-COVID19-|下野新聞 SOON(スーン)

大田原市教育部は、「SOON」ニュースと日刊「E-News」の出版社が著作権で保護された資料を使用したとの報道を受けて、県政府に「行動」を要請した。 「新聞記事での著作権で保護された資料の使用は、出版にとって非常に重要な問題です」と、県の内田雅子教育大臣は述べました。 「著作権で保護された資料の不正使用を防ぐために、県の教育省に措置を講じるよう要請したい。」 「これは非常に深刻な問題であり、著作権法の違反であり、出版社は著作権法の下で責任を負います。」出版社はまた、著作権で保護された資料を使用している記事を見つけることができなかったと言っています。 「私たちは記事を見つけるために一日中懸命に働いてきました。これらの記事は1970年代と1980年代に書かれましたが、まだ使用されており、見つけることができるコピーを見つけることができませんでした」匿名のままにしたい。 「使用した記事の記事を入手できれば、すべての記事が適切に使用されているでしょう。」県の教育部は、「SOON」ニュースの新聞記事(オタクの「マンガブーム」に関する記事が最も注目された)を認識しており、著作権法違反であると述べた。同省は、2017年3月26日に「SOON」ニュースと「E-ニュース」の出版社に手紙を送り、著作権で保護された素材の悪用を防ぐために必要な措置をとるよう求めました。 「これは出版社の製品を押収する可能性のある著作権侵害です」と県の教育省は述べた。 「したがって、違反を防ぐために適切な手段を講じる必要があります。」県の教育省によると、「SOON」ニュースと「E-News」の出版社はこの手紙に反応せず、新聞は公式の手紙を発行しなかった。手紙のコピーは現在オンラインに掲載されています。http://www.soorajp.or.jp/engs/news_news.php?nid=28&id=4&id=9 「東京新聞」、「トリビューン」に記事を掲載。 「オタクブームは否定できない-日本のオタク」という記事が2016年5月19日に発行されました。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

24市町、全公立休校 大田原市は午前授業 新型肺炎 政府要請|社会,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎-COVID19-|下野新聞 SOON(スーン)
www.shimotsuke.co.jp


Photo by Ferrum College

今日の考察/社民、分裂へ 立憲合流で離党容認:時事ドットコム憲兵隊、与党連合の分裂にもかかわらず結束を急ぐ 共同 角栄。 首相が提案した内閣案を支持しない 毎日新聞 安倍首相、月曜に新内閣案を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です