考察

今日の考察/卒業式や高校入試前期選抜は予定通り 新型肺炎、福島県の対応:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet

福島中学校の生徒の感染症。生徒たちは慢性呼吸器疾患に苦しんでいます。

「これは特別なイベントです。これは誰もが心配している重要な問題です。私たちは状況をよく見る必要があります。福島に両親が住んでいる学生を含め、誰もが心配しています。 tは他のソリューションを提供します。」

校長の石田邦彦さんも出席していました。

式典の後、生徒たちは輪になって座り、学校の看護師と状況について話し合いました。

「私たちはみんな心配しています。私たちはみんなとても悲しく感じています。私たちは学校に滞在したいのですが、私たちは恐れています。」

肺炎と診断された学生が地元の病院に運ばれました。

数ヶ月前、校長は生徒に両親が福島の他の都市への移住を余儀なくされるかもしれないと話し、すぐに家に帰るように頼みました。校長は、政府に対する訴訟の原告の一人でもあります。

「状況は非常に困難です。昨年、肺炎と診断されました。」

母が現在岩手県に住んでいるアユムという学生は、福島の避難計画の一環として、別の都市に移住するかもしれないと言われたと言いました。

今日の考察/「重点化」が「ゲンテン化」? 首相、所信表明で複数箇所言い間違い  - 毎日新聞首相は アジア太平洋をあきらめるつもりはないが、自由貿易圏ではないという現実を無視するわけにはいかない。 首相:アジア太平洋をあきらめ...

「去らなければならないことにあまり満足していないが、私はこの学校にとどまることができないと思う。」

ちひろという学生は、移転計画が心配だと言った。

「自分の将来が心配です。自分の未来を変えるためにできることは何もありません。学校に留まって生きたいです。」

学生によると、学校の看護師は避難計画に関する特定の情報を提供することができませんでした。

厚生労働省は、今後数日のうちに福島の子どもたちのための全国的な避難計画を開始すると発表した。

福島の学校の生徒たちは厚生労働省の福島茨城事務所の外で抗議しており、同省が自分の健康状態を明確にし、適切な医療を提供することを要求した。

Ko田呉の学生は、福島第一原子力発電所に学校が近いため、政府は原子炉が溶けた場合に子どもを避難させる計画を立てるべきだと述べた。

「政府はできるだけ早く知らせなければならない。私たちは心配している。私たちは家を出たくないが、これから抜け出したい。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

卒業式や高校入試前期選抜は予定通り 新型肺炎、福島県の対応:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
www.minyu-net.com


Photo by Miguel Discart (Photos Vrac)

今日の考察/道内の感染者 6日ぶり20人台|NHK 北海道のニュース2017年8月5日 ゥ 北海道での感染者数は、前年比23%増の1万9841人となったとNHKが1日報じた。 北海道の保健省は先月、英...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です