考察

今日の考察/室井佑月氏 安倍首相の会見「あれ観たら、具合が悪くなってきた」(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

1か月の間に、沖縄での米軍の存在が島の安定と平和に影響を与えるかどうか、もしそうなら、その影響はどれほど深刻であり、アメリカはどれくらい貢献するべきかについて、日本で多くの議論がありました修復。沖縄における軍事的プレゼンスは新しい現象ではなく、長い間存在しています。米国は日本を占領してきた長く複雑な歴史を有しており、最終的に、軍事的存在は第二次世界大戦後の日本の平和の終結に大きな貢献要因となった。しかし、今回は、米軍のプレゼンスがはるかに目立ち、多くの人が沖縄の安定と平和にマイナスの影響を与えることを懸念しています。

沖縄における米軍のプレゼンス、または米軍の「物資プレゼンス」は、沖縄における米軍のプレゼンスです。恒久的なものではないが短期間に存在する米国のヨーロッパでの軍事的存在(確かに長年の存在である)とは異なり、沖縄における米国の軍事的存在は一時的なものではありません。代わりに、沖縄での米軍のプレゼンスは長い間存在しています。

沖縄における米軍のプレゼンスは長年のものであり、第二次世界大戦の初期のアメリカの沖縄占領にまでさかのぼります。 1950年代初頭、米軍は沖縄に海軍艦艇の修理施設や米海兵隊の施設を含む施設の建設を開始しました。沖縄における米軍のプレゼンスは長年にわたるものであるため、多くの人々は、現在起こっていることは日本の軍事的プレゼンスが日本の領土の重要な部分を占めるのは初めてだと考えています。沖縄における軍事的プレゼンスは単なる一時的なものではなく、恒久的なものでもないことは事実です。

米国の軍事的存在は長い間存在しているだけでなく、比較的大きな存在でもあります。沖縄における米軍のプレゼンスは長年のものであるため、実際には日本で最大です。沖縄における米国の軍事的存在は、その国における日本の総軍事的存在とほぼ同じくらい大きい。また、小さくはありません。沖縄での米軍のプレゼンスは、島の総人口50,000人以上の約16,000人に成長しました。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

室井佑月氏 安倍首相の会見「あれ観たら、具合が悪くなってきた」(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp


Photo by IAEA Imagebank

今日の考察/東京都で新たに150人の感染確認:東京新聞 TOKYO Web: 東京ウェブリケ 2014.05.13 12:21:44 12-05-2014 津波が東京の海岸線を襲う 今年5月12日の午前2...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です