考察

今日の考察/【大前研一のニュース時評】コンビニ業界で異変!? セブン&アイHD「大型買収」とファミリーマート「希望退職」 (1/2ページ) – zakzak:夕刊フジ公式サイト

&セブン&アイHD

&「大規模買収とファミリーマートの自主退職」

%山田彩

%高町夏樹

%小清水美香

%一ノ瀬みさ

&井上美穂

&五十嵐めぐみ

&井上美紀

&井上美穂

&高町夏樹

今日の考察/【黒瀬悦成の米国解剖】トランプ氏は本当に負けるのか 再選へ4つのカギ(産経新聞) - Yahoo!ニュースケーシッチ氏の選挙管理者は、トランプ氏は「図々しく嘘をついている」と述べている(ワシントン・エクサミナー) - The Washingt...

画像著作権PA

英国の主要なビジネスロビーであるCBIは、英国の税制の構造の「根本的な再考」を求めています。

組織の局長、Carolyn Fairbairnは、このシステムには「意図しない結果」が多すぎると述べました。

この報告書は、今後10年間で回避と回避に取り組むための新しいアプローチを求めています。

英国の回避税率は、2012年に29%から20%に引き下げられました。

しかし、CBI、英国商工会議所、および理事会による報告は、削減-および今後数年間でさらなる削減の可能性-は、英国の企業の競争力に大きな影響を与えないと述べた。

Fairbairn氏は次のように述べています。「投資と生産性を高めるには、英国の税制の構造を根本的に見直す必要があります。

「現在のアプローチでは、投資、成長、競争上の優位性は得られません。

「ルールは、税ギャップではなく、回避を対象とするように設計されていることを明確にする必要があります。

「将来、英国の税制は成長をもたらすでしょう。しかし、それは公平性と競争上の優位性ももたらさなければなりません。」

‘尊厳’

英国は、米国が2012年に35%から28%に引き下げた後、米国に次いで、G20の国際収益に対する税率が2番目に高くなっています。

英国は、2010年に導入されたアイスランドの12.5%に続いて、G20で2番目に高い企業レートを持っています。

CBIは、「回避と回避に取り組むために水準を引き上げる必要がある」と述べた。

さらに、「英国は税制に基づいて効果的に競争することができますが、投資と仕事のための世界有数の目的地になりたい場合、競争する機会を失う余裕はありません

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

【大前研一のニュース時評】コンビニ業界で異変!? セブン&アイHD「大型買収」とファミリーマート「希望退職」 (1/2ページ) – zakzak:夕刊フジ公式サイト
www.zakzak.co.jp


Photo by iwona_kellie

今日の考察/加藤官房長官、04年文書「将来の任命拒否の可能性排除するものでない」 - 毎日新聞"内務省の決定を外務省に知らされていたとしても、外務省の拒否権を持つべきではない" - 外務省 "詳細は知らないが、外務省は任命を辞退...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です