考察

今日の考察/新型コロナ対策・首相記者会見で私が聞きたかったこと~政府は国民への説明責任を果たせ(江川紹子) – 個人 – Yahoo!ニュース

New York Timesの新しいレポートは、日本政府とその企業が風力発電の建設において、あなたが思っているよりもはるかに積極的な役割を果たしていることを示しています。

2月、日本政府は、民間企業が国の洋上風力発電所でタービンを建設し運転することを許可するという歴史的な決定を下しました。決定には数ヶ月の交渉が必要でしたが、この国の未熟な風力産業とその近くに住む人々にとって大きな後押しとなりました。

政府の行動の理由は簡単です。日本は原子力発電所の置き換えを試みており、風力などの再生可能エネルギー源から可能な限り多くの電力を生成する取り組みの初期段階にあります。今後数年間で、国は50ギガワット以上の風力発電容量を持つと予想されます。

民間企業に風力タービンの建設を許可することにより、政府は、民間企業が自給自足できるようになり、より多くの人々が風力発電所を建設して多くの電力を生成できるようにしたいと考えています。希望は、風力発電所の建設が最終的に日本の原子力発電所への依存を減らすことであり、原子力発電所は地震や津波のような深刻な自然災害に脆弱です。

しかし、この決定には別の理由があります。日本政府は、議論の余地のある原子力エネルギープロジェクトのためにウインドパークを使って資金を集めています。

だるまプロジェクトとして知られるこの計画では、九州の南の島に2つの巨大な原子炉が建設される予定です。政府は、2020年代の終わりまたは2021年初頭までにプロジェクトを完了することを望んでいますが、それを達成するためだけに約300億ドルを調達する必要があります。

これを行うために、政府は風力発電所の建設とは関係のないいくつかの措置を取っています。この地域で風力タービンを建設するために民間企業に10億ドルの助成金を提供し、それらの企業が雇用を創出するための税制上の優遇措置を提供しています。助成金は、今後30年間で3回の500,000ドルの支払いで支払われます。

今日の考察/関東甲信 雨雪のピーク過ぎる あすは春のような陽気に 雪崩等注意(日直予報士 2021年01月24日) - 日本気象協会 tenki.jp新しいキャラクター 高梨れんげキョウカ 北海道の田舎で一人暮らしをしている少女。おてんばで、鋭い自虐的なユーモアのセンスを持っている...

日本政府は、企業がタービンを構築するのを支援するために、政府の刺激策からの資金を使用することを選択しました。

New York Timesの新しい調査では、日本政府がこれらの助成金や税制上の優遇措置を使用して、風力会社の収益化を支援している方法を調査しています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型コロナ対策・首相記者会見で私が聞きたかったこと~政府は国民への説明責任を果たせ(江川紹子) – 個人 – Yahoo!ニュース
news.yahoo.co.jp


Photo by VCU CNS

今日の考察/河井案里被告に有罪判決 公職選挙法違反 東京地裁:朝日新聞デジタル"民主主義の原則を全く無視した選挙法違反の罪で、東京の裁判所は日本民主党の党首を有罪にしました。" 東京地裁の松井宏裁判長は2日、河合...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です