考察

今日の考察/政府、北海道にマスク配布へ 北見市など感染深刻地―対応策第2弾、10日めど:時事ドットコム

そのため、彼らは問題を議論するために会議に来ました。それは東京だけでなく、その周辺の県にもある問題です-彼らは最も遠く離れた場所で医療を提供する負担を負わなければなりません。

そもそも、診療所に行く人は事前に病院に行く必要がありました。地域の人々が彼らを家に連れて帰る前に、患者は病院で治療されなければなりませんでした。病院で患者の世話をしていない場合、病院は患者が良くなるのを待たなければなりません。次の患者を探す時間はありませんでした。新しい医者を探す時間はありませんでした。

東京だけではありません。日本の多くの村でも同様の問題があります。

私が話していたような北見の人々は、健康問題に対処した経験がありませんでした。北海道では今まで健康記録があったが、過去には病院で医者を見つけることができただけだった。もちろん、病院が閉鎖された場合、村の人々は医者を見つけるために自分の家と同じ地域に行かなければなりませんでした。一般的に、夜中に病院に行く時間はありません。

会議中、北見の指導者は、北見の人々は農村部の医療問題に対処することに慣れていないことも指摘した。彼らは、真夜中に病院で医者を探したり、治療を受けるために医者に行くことに慣れていました。遠隔地で働いた経験のない北見の人々は、今ではもっと複雑なものに対処しなければならず、これは簡単に対処できるものではありませんでした。

これが、北見の人々が北海道に最初の病院を設立する必要があると感じた理由です。彼らは問題を見て、それに対処しなければなりませんでした。

若い女性であった組織のリーダーは、彼女の考えを表明しました:

今日の考察/学術会議、年内に改革案 会長が井上科技相に伝達 - 産経ニュース2015年7月10日(水)日本学術会議の年末までの改革案は、科学技術分野での国際競争力を高めるとともに、国が高い水準の研究開発を維持でき...

私たちと同じようにキタミスは医学的な問題に慣れていたため、病院を開始しなければなりませんでした。北見の人々は医学的な問題に慣れていましたが、東京の人々と同じように彼らにさらされていませんでした。

私も医学の問題に精通しています。

私は子供の頃から医学的な問題を抱えていました。私は良くなるために一生懸命働きました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

政府、北海道にマスク配布へ 北見市など感染深刻地―対応策第2弾、10日めど:時事ドットコム
www.jiji.com


Photo by Rod Waddington

今日の考察/米の新規感染者8万4千人 過去最多に - 産経ニュース"米疾病対策センター(CDC)が金曜日に発表した報告書によると、日本の感染者数は2年連続で最多となった。 2014年の日本の感染者数は4...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です