考察

今日の考察/中国人全面入国規制が決断できない安倍政権の「国家統治能力」 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

このストーリーはシリーズの一部です:http://www.newsweek.com/a-new-pivot-to-china-as-australia-grows-more-tough-on-immigration-157895.htm

その他のニュース:

その他のニュース:

これを共有:Twitter

フェイスブック

Reddit

タンブラー

Pinterest

グーグル

LinkedIn

Eメール

今日の考察/解任されたミャンマー国連大使「抵抗する」 過去に日本留学 | 毎日新聞2017年12月24日、ビルマのネピドーにあるネピドー国務宮殿で演説するキン・マウン・ウー氏。写真提供:アウンサンスーチー/EPA ミ...

印刷する

ポケット

電報

WhatsApp

スカイプ

このように:読み込み中…

リスクと課題

どのプロジェクトでも最大の課題は実行です。私たちはメーカーと協力して、素晴らしい製品を後援者に納品するための納期に間に合うか、それを超えるようにし、フルフィルメントセンターと協力して、すべてができるだけスムーズに進むようにします。

上記で述べたように、私たちは製造業者と協力して、私たちの素晴らしい製品を後援者に納品するための期限を満たすか、それを超えるようにします。

私たちのフルフィルメントセンターは働くのに最適な場所であり、彼らは何をしているかを知っています。彼らは私たちの履行に遅れがないようにします。

生産に関してはリスクを冒していません。私たちはフルフィルメントセンターの人々と協力します。

トランプ政権は、2015年のパリ気候協定から撤退する米国の決定について公式発表するかどうかをまだ決定していませんが、気候専門家はトランプ大統領が合意を撤回する可能性が高いと言いますいくつかの規定。

約200か国で合意されたパリ協定は、世界の国々が温室効果ガスの排出をどのように規制するかの枠組みを定めており、科学者は温度を上昇させており、前世紀の2倍の速さですでに上昇しています。

この協定は、国連憲章の前文に設定されているように、地球温暖化を産業革命前のレベルを上回る摂氏2度、または華氏3.6度に制限するように設計されました。

しかし、「野心的なゼロカーボン経路を持続的に調達、開発、展開する技術または能力をまだ開発していない」人を含む「さまざまな国とさまざまな状況の現実を認識しながら、その最大限の可能性」を追求する契約のコミットメントそうすることを望んでいる他の人たちは、世界の国々が温室効果ガスの排出を制限できる未来への前向きな一歩と見ている人もいます

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

中国人全面入国規制が決断できない安倍政権の「国家統治能力」 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
www.newsweekjapan.jp


Photo by jean louis mazieres

今日の考察/治安部隊、各地で強制排除 デモ隊約500人拘束―ミャンマー:時事ドットコムミャンマーの仏教の僧侶は水曜日に警察と衝突したマンダレーの北部都市で、数人の抗議者が治安部隊によってセットアップされたバリケードを突破し...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です