考察

今日の考察/韓国の新興教団トップ謝罪 新型コロナ感染拡大「故意ではないが」 – 毎日新聞

2012年1月1日、2011年3月に原子力発電所のメルトダウンを引き起こした壊滅的な津波の後、日本で3番目に大きい都市である福島県の人々に新しいウイルスが感染しました。この病気は一時的に避難所や病院で。ウイルスはインフルエンザのような症状を引き起こし、簡単に伝染しました。感染した人々は福島県にあり、かなりの放射線がありましたが、どこでウイルスが発生したかは不明でした。 2012年3月、気象庁(JMA)は、福島で新たに特定されたウイルスの地域的流行を宣言しました。このウイルスは、地震と津波後の最初の数日で発見されたため、「メンダク」ウイルス(「新しい到着」を意味する)と呼ばれます。韓国科学技術院(KIST)疾病管理予防センター(KCDC)の最近の報告によると、このウイルスは福島県の合計13の市町村に広がっています。それはそれに苦しんでいる人々の数の急増を引き起こし、医療の必要性を増加させましたが、ウイルス自体は致命的になりませんでした。

ウイルスの症状には、発熱、咳、疲労などがあります。ウイルスを持っている人は、疲労感と体力の低下を感じています。ウイルスは、小さな子供が吸い込んだり摂取したりできるエアロゾル粒子を介しても感染します。アウトブレイクは県内に集中しており、県は主に県の病棟で構成されています。 KCDCによると、このウイルスは、一時避難所に住んでいた12人と福島市福島市立市民病院の8人で確認されています。しかし、報告された症例のほとんどは県内に住んでいる子どもたちです。その結果、2日後には他の症例がなかったため、ウイルスは一時的な避難所から他の場所に広がった可能性があります。 KCDCは、気候が暖かくなるとすぐにウイルスが日本に広がると予想しています。ウイルスがどのように県に到達したのか、なぜこの流行が現在発生したのかは不明です。 KCDCは、福島県に住んでいる地方自治体、地方自治体、人々と協力しています。専門家は、より多くのウイルスの症例を防ぎ、人々が病気から回復するのを助けるために、人々に支援と情報を提供するために働いています。 KCDCは、ウイルスの進行状況を監視し続けます

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

韓国の新興教団トップ謝罪 新型コロナ感染拡大「故意ではないが」 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by JLaw45

今日の考察/米の新規感染者8万4千人 過去最多に - 産経ニュース"米疾病対策センター(CDC)が金曜日に発表した報告書によると、日本の感染者数は2年連続で最多となった。 2014年の日本の感染者数は4...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です