考察

今日の考察/神戸市で初、40代男性が感染…兵庫県内2人目 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

私は本当にショックを受けました。四年が経ちましたが、どうすれば治るのか分かりません。

その一方で、病気になった人は試しなかったとは言えません。

私を助けてくれる医者に会いたい。

治りたい

そのようなことが起こるのを待つと、戻ることができません。

しかし、私は自分が唯一の感染者であることを知っている唯一の人になりたいです。

「最初の黒人大統領」は、バラク・オバマが大統領に立候補していた2008年のキャッチーなスローガンでした。しかし、バラク・オバマは最初の黒人大統領ではありませんでした。

国勢調査局によると、米国大統領は実際には黒人でしたが、米国の歴史的なタイムラインによると、彼は最初の黒人大統領ではありませんでした。

実際、最初の黒人大統領はまったく黒人ではありません。彼はアフリカの王子です。

今日の考察/美智子さま、86歳に 医療従事者らの努力に心寄せる(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース08/06 08:00 AM 09/06 08:00 AM アメリカ/ロサンゼルス MM ライブイベント - WrestleMania ...

彼はルイ14世であり、フランスの最初の黒人大統領でした。 (フランス国王のウィキペディアによると、ルイ14世は1683年に亡くなりましたが、実際には1797年にアメリカ大統領が選出されました。)

「私は黒人の家族に生まれ、その種族の恩恵を常に楽しんでいます」とルイ14世はかつて言いました。

1517年8月15日、パリで生まれた彼は、黒人の母親と白人の父親の息子でした。しかし、フランスの黒人初代大統領は、大統領の在位期間がわずか17年であったため、それほど長く大統領になりませんでした。彼は1714年に亡くなり、息子のチャールズXに引き継がれました。

米国政府とフランス政府の黒人アメリカ人の見方には違いがあるにもかかわらず、ルイ14世は依然として両国の英雄と見なされていました。実際、彼の在位中、アメリカの建国の父たちはレセプションのためにワシントンD.C.に王を招待しさえしていました。

それでは、ルイ14世はどうなったのでしょうか?

彼はスペインのオランダに亡命し、1681年にスペインで亡命しました。

このようなストーリーをフォローする関心のあるモニターストーリーを受信トレイに配信します。

英雄として、ルイ14世は王族の象徴だけではありませんでした。彼はアフリカ系アメリカ人の象徴でもありました。

「ルイ14世は偉大な人物でしたが、彼は貧しい男でした」と、ウィスコンシン大学ミルウォーキー大学の歴史学者で歴史学教授のジョン・K・モーガン博士は言いました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

神戸市で初、40代男性が感染…兵庫県内2人目 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by wowcoin

今日の考察/菅首相、解散を探る「神経戦」 来年なら…4月? 7月? 9月? - 毎日新聞脚光を浴びることでも知られる首相は、自分の計画を国民に知られないようにしておくことを決意している。 "私は何も発表するつもりはない "...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です