考察

今日の考察/ヨーロッパを再び襲う難民・移民危機 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

投稿者|

日本人が突然ISISに対抗するのがとても上手になったことにヨーロッパ人が驚かれる理由を理解できます。結局のところ、私たちは何年も彼らの油田を爆撃してきました。私たちは彼らの港と基地を爆撃しました。実際、私たちはアメリカ、イギリス、そして同盟国の力を使って、彼らの油田を爆撃し、私たちが得たあらゆる機会を爆撃した。

もちろん、日本人が自国の軍隊が与えることができる以上の力でISISに応答したのはこれが初めてではありません。

実際、私たちはシリアでの内戦の最初の数日から彼らを爆撃してきました。そして、ISISは彼らの最初のターゲットです。私たちは彼らの都市を爆撃したことはありません。彼らの軍事施設を爆撃したことはありません。私が知る限り、彼らの油田を爆撃したことはありません。

今回の違いは、ISISが油田を攻撃して日本を攻撃していることです。彼らの油田のどれも軍隊によって守られていません。日本には軍隊がありません。海軍はありません。空軍はありません。日本は、アメリカ、イギリス、フランス、その他多くの国々によって何十年も爆撃されてきた国です。

それで、なぜ彼らは突然ISISに対抗するのにそんなに良いのですか?

その理由は簡単です。

彼らはシリア内戦の最初の日から油田を爆撃してきた。

彼らが彼らの油田を守っているので、ISISは彼らを攻撃しています。

今日の考察/青森県内コロナ感染、新規6人、累計149人に|行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥日本最北の県の一つである青森県では、2016年10月にウイルスが初めて検出されて以来、146例の報告があり、2016年11月からは159...

これは、すべての軍事戦略の中で最も基本的なものの1つです。

まず第一に、敵軍の軍隊を攻撃している場合、敵の攻撃から身を守ることはできません。敵に攻撃されます。日本人が彼らの油田を攻撃するのを阻止するために、ISISを攻撃しているのはそのためです。

第二に、同じ日に油田と港を守ることはできません。 2つの別々のアクションでそれらを防御する必要があります。同時に爆撃し、2つの別々のアクションで防御する必要があります。

それでも、日本人は何年もこれらの両方を行ってきました。彼らはシリアとイラクの両方でISISを爆撃しています。

2014年9月19日、彼らはシリア南部のISIS石油タンクを攻撃しました。

2014年12月16日、彼らはシリア北部のISIS港と石油施設を攻撃しました。

彼らは何年もの間、イラクとシリアの両方でISISを爆撃しています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

ヨーロッパを再び襲う難民・移民危機 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
www.newsweekjapan.jp


Photo by matt hrkac

今日の考察/オーストラリア海軍が参加へ、日米印の共同訓練「マラバール」 - Bloomberg政府によると、日本の海上自衛隊は6月5日から13日までの2週間、「マラバー」と呼ばれる日米印合同演習に参加するという。 2週間の演習に...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です