考察

今日の考察/クルーズ船の患者、ぜんそく用吸入薬で改善…神奈川の病院チーム : 医療・健康 : 読売新聞オンライン

2.カテーテルを抜いた後に心臓発作を起こした患者の最初の症例は、2000年に日本で報告されました。そのとき、医療専門家は、カテーテルまたは他の患者が心臓発作を起こさない方法を考え始めました。医療補助機器が挿入されています。 2002年、日本の医療扶助協会は、「スーパーカーディオモニター」(PACM)と呼ばれる装置の全国的な試験を開始しました。それ以来、1,200以上の病院に設置されています。

PACM Webサイトによると、「PACMはコンピューター支援設計システムを使用して、心臓の血流と酸素レベルを測定します」。 「PACMは、身体の分泌物を使用して、心臓の電気的活動と心臓の電気的活動を測定します。」 PACMは、心臓の圧力を測定する血圧カフに接続されています。その後、データは電子的に患者の電話に送信されます。患者は自分の胸が適切に監視されていることを確認できます。

3.日本の医師は、新しい技術を使ってがんを治療しています。日本国立保健福祉研究所は、従来の数分の一の時間でPETスキャンで腫瘍を見ることができる新しいタイプのCTスキャンマシンを開発しました。 CT-Scan / Patient-Portable Scanning Device、またはCPTPDと呼ばれるこのマシンは、乳がんおよび膵臓がん、胃がん、結腸がん、直腸がん、肝腫瘍の患者でテストされています。このシステムは世界中のどこでも癌治療に使用でき、癌患者がスキャンを待つ時間を24〜36時間短縮することが期待されています。

4.医師は、脳卒中患者が運動を取り戻すのを支援するためにコンピューター支援療法を使用しています。日本は高齢者人口の中で脳卒中率が高く、今年だけで国内で10,000件の脳卒中が報告されています。医師は、腕、脚、または手を動かすことができない脳卒中患者を治療する最良の方法を見つけようとしています。

5.一部の日本人医師は、がんの診断に役立つ特別なカメラを使用しています。日本では、医師は東京大学で開発された「センサーセルカメラ」と呼ばれるカメラを使用しています。このカメラは、血流を検出することで癌を検出できる小さな「センサー」を使用します。カメラは、体内に注入される特別な染料の助けを借りて癌を検出します。色素が患者の血液に注入されると、癌性領域に異常な血流が生じます

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日の考察/オーストラリア海軍が参加へ、日米印の共同訓練「マラバール」 - Bloomberg政府によると、日本の海上自衛隊は6月5日から13日までの2週間、「マラバー」と呼ばれる日米印合同演習に参加するという。 2週間の演習に...

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

クルーズ船の患者、ぜんそく用吸入薬で改善…神奈川の病院チーム : 医療・健康 : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by kndynt2099

今日の考察/東京都で新たに150人の感染確認:東京新聞 TOKYO Web: 東京ウェブリケ 2014.05.13 12:21:44 12-05-2014 津波が東京の海岸線を襲う 今年5月12日の午前2...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です