考察

今日の考察/マスク転売禁止、首相が方針表明「品薄状態に拍車」 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン

日本が新しい乗用車と小型トラックの販売禁止を実施したのはこれが4回目です。これは、国内の自動車市場の不足によってのみ正当化できる措置です。

2013年11月、2014年3月、2014年7月に発表された最後の3つの措置の後、自動車市場にはほとんど変化がなく、日本は欧米からより多くの自動車を輸入しています。

政府の支援を受ける資格を得るには、新しい乗用車に日本および国際的な機能を搭載し、国内で販売する必要があります。

政府はまだ政策の将来について地位を確立していないが、日産自動車やその関連会社である京セラなどの日本の自動車産業は、政府に禁止を再評価するよう促している。

ただし、政府は、1990年7月から実施されている政策に固執することが期待されています。

—洋子太郎の協力を得て。

本日発表された新しい研究は、喫煙をやめようとする人々にとって、電子タバコの喫煙はニコチンパッチよりも優れていることを示唆しています。

オークランド大学の研究者が率いるこの調査では、電子タバコのユーザーがデバイスで喫煙をやめることができる期間を調査しました。

今日の考察/「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文 - 毎日新聞政府は、国民からの「反応」が政府に伝わるかどうかはまだ確認していない。これは、政府が次のステップに進むためのものであり、国民と話し合った...

ジャーナルアディクションに掲載された結果は、ニコチンパッチやガムよりも多くの人が電子タバコで喫煙をやめることを示しています。

「喫煙者は、ニコチンパッチやガムを使用する場合と比較して、電子タバコなどのニコチン代替製品を使用する場合、タバコの使用をやめるか減らす可能性が高くなります」と、ニュージーランドのクイーンズ大学のマーク・ゴールド博士は語っています。

「この研究は、喫煙者の禁煙を支援するニコチン代替製品の有効性を評価することができ、以前の研究の結果を確認するのに役立ちます。」

しかし、この研究では、電子タバコを使用している少数の喫煙者が喫煙を続けていることも判明しました。

「喫煙をやめようとしている喫煙者が電子タバコを使用しているという証拠がありますが、確実に知るには時期尚早です」とゴールドは付け加えました。

この調査には、米国とニュージーランドから募集した約5000人の参加者が参加しました。これらの参加者は、過去30日間に喫煙したタバコの数を記録するように求められました。

また、ニコチンガムやパッチなどのニコチン代替製品で禁煙を試みたかどうかも記録しました。その後、禁煙の試みは6か月と1年で評価されました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

マスク転売禁止、首相が方針表明「品薄状態に拍車」 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by University of Michigan’s Ford School

今日の考察/東京都が「GoToトラベル」一時除外の手続き確認…小池知事「国からの回答見て考える」 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン葛西市が明治70年を記念して毎年恒例のイベントを開催 政府 . ニュース : 読売新聞オンライン 受け継がれる価値観 . 安倍晋三首相...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です