考察

今日の考察/厚労省が新型コロナ検査を「この状況でも広げたくない」ウラの思惑(長谷川 幸洋) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

■政府は、必要がなくなるまでテストを継続するかどうかについては述べていない」と同省の関係者は述べた。

「このテストは、年次テストの終了後に初めて使用されています」と彼は付け加えました。

■政府はコロナ検査を継続して、毎年の検査後も厚生労働省(MHLW)の従業員が感染の危険にさらされているかどうかを判断するだろうと当局者は述べた。

■同省は年次テスト終了後初めてテストを使用し続けるが、政府は影響を受けた従業員の健康状態を考慮してテストの使用方法を変更する必要があるかどうかを検討するテスト、関係者は言った。

■同省は、テストの影響を受ける従業員の健康状態の調査を1月に開始すると同氏は付け加えた。

■テストは年次テストの前に使用されている、と彼は言った。

■この検査は、厚労省の労働者が毎年の検査後に感染しているかどうかを判断するためだけに使用されるのではなく、職員が感染する可能性のあるケースを省庁が簡単に特定することも可能にする、と当局者は述べた。

ムンバイの郊外の鉄道線は、国内で最も維持されているものの1つですが、最も混雑しているものの1つでもあります、とCAGの報告が発見しています。

今日の考察/【詳細】過去2回と何が違う? 大阪 3回目の宣言 その内容とは… | 新型コロナウイルス | NHKニュース例えば、同じファイルの中で、関数が異なる箇所で宣言されている場合はどうなるでしょうか。 // ファイル "foo.js" define...

3月28日にマハラシュトラ州議会で発表された報告書は、最も混雑した10の郊外鉄道のうち、7つがムンバイ地域にあり、最悪のインフラ状態を含むことも明らかにしました。

報告書は、4〜5階建てのいくつかの鉄道線路、駅、プラットフォーム、およびプラットフォームがあった郊外の鉄道駅(バンドラ、ターネ、ナビムンバイ、パルガル)を取り巻くエリアで特に混雑が流行していることを指摘しました。

報告書では、ターネ・バンドラ線が最も混雑が多く、遅延時間が最も長く、その後にナビ・ムンバイ・パルガル線が続くと付け加えました。パルガルバンドラセクションも最も混雑していました。 Thane-Mumbaiセクションは、混雑が最も少なく、遅延時間が最も短いセクションでした。

報告書はまた、遅延が平均で2分半から6分半に及ぶターネ郊外の鉄道駅も、州で最も混雑している駅の1つであることを指摘しました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

厚労省が新型コロナ検査を「この状況でも広げたくない」ウラの思惑(長谷川 幸洋) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)
gendai.ismedia.jp


Photo by TEDxHaarlem

今日の考察/受け入れ病院 “現場は災害レベル”|NHK 関西のニュース▪ 政府は、病院が複数の施設を運営できるようにすることで、被災地における医療の質を向上させようとしています。新しい法律では...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です