考察

今日の考察/埼玉・草加市でトラックが暴走 車10台からむ事故 8人病院搬送 – FNN.jpプライムオンライン

この事件は先週の日曜日に埼玉県の住宅地で発生しました。

当局によると、彼らはトラックが道路に入ってきて、そこに立っている4人以上を走った午後10時ごろに事故の電話を受けた。事故の犠牲者は、トラックの後部にいた30歳の男性と彼女の2人の子供である佐藤さんであると特定されました。

警察は現在、事故の調査を行っており、ドライバーを追跡しようとしています。警察は、トラックが爆発物を運んでいたかどうかを確認しません。

警察は、近所の人がその地域の普通ではない何かを目撃したかもしれないかと尋ねています。

©Japan Today

新しい研究は、米国で抗うつ薬を服用している女性の数が以前考えられていたよりも多いことを示唆しています。

Journal of the American Medical Associationで6月8日に公開されたこの研究では、薬物使用の測定に使用される調査を検証し、正確かどうかを確認しました。ノースウェスタン大学の精神医学助教授であるアンドリュー・R・リー博士が率いる研究者は、3年間で1,000人以上の成人のデータを分析しました。

抗うつ薬は最も一般的に処方されている薬ですが、脳に対してできることと副作用を引き起こす可能性があることから、医学では議論の余地があると考えられています。

今日の考察/特殊な冷凍庫故障か、コロナワクチン1千回分が使用不可(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース2011年11月17日 午後2時15分 日本時間 (時間は全て米国中部標準時) 午後1時25分-香港へのコロナワクチン1万本の出荷が...

研究者は、抗うつ薬の使用率を調べ、男性と女性が等しく抗うつ薬を服用していることを発見しました。

この増加は50〜59歳の女性で最も劇的でした。女性は現在、男性の4.7パーセントと比較して5.8パーセントの割合で抗うつ薬を使用しています。 60歳以上の女性は5.2%の割合で服用していますが、男性では4.0%です。

さらに、抗うつ薬を服用している女性の数は、2007年以来3.3%増加しています。

女性の増加は、すべての主要な人口統計グループで最も顕著であり、これには低所得の人々、教育の少ない人々、うつ病の既往がある人々が含まれます。

「女性は男性よりも高い割合で抗うつ薬を服用しています」とリーは言います。 「これは新しいアイデアです。」

この研究によると、女性での使用の増加は、おそらく抗うつ薬の入手可能性の増加によるものであり、それはより多くの女性が治療を受ける機会を得るのに役立つ可能性がある。しかし、この研究では、使用量の増加は抗うつ薬へのアクセスの増加だけでなく、多くの高齢女性がうつ病の治療の一環として抗うつ薬を服用している可能性があることも指摘しています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

埼玉・草加市でトラックが暴走 車10台からむ事故 8人病院搬送 – FNN.jpプライムオンライン
www.fnn.jp


Photo by MAZA FIGHT JAPAN

今日の考察/都内では人出増加 首都圏除き6府県解除へ|日テレNEWS24東京都を除く6都県で、東京都内の人口が解禁されると、政府関係者が金曜日に発表しました。 人口算定制度の変更は、2019年3月の年度末ま...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です