考察

今日の考察/コロナ来日制限、韓国が対抗措置検討 日本に撤回求める [新型肺炎・コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

コクラン

コクラン

コクラン

コロナウイルスで最初に病気になった日本人は、彼が「新型」肺炎の治療を受けていることを明らかにしました。

先月東京ディズニーランドを訪れた31歳の男、高橋裕史は、11月14日にディズニーランドを訪れたと語った。

彼は、過去3日間抗生物質を服用していたと言い、11月15日に東京国立博物館を訪問しました。訪問当日、彼は入院しました。

先週、彼は日本に戻り、肺炎の治療を受けたことを報告しました。

東京都のウェブサイトによると、高橋は東京に拠点を置く「コクラングループ」のメンバーであり、コロナウイルスの専門家です。

高橋は日本科学技術評議会(JCSAT)のメンバーであり、大阪大学と筑波大学で講演するよう招待されています。

今日の考察/新型コロナ 瀬戸内市で1人感染 県内2479人に:山陽新聞デジタル|さんデジ福島県では新たな感染者が増え続け、1,058人が診断された。同県では、原発が稼働してから初めてコロナを発症したと、読売新聞が厚生省を引用...

日本の公衆衛生当局は、新しいタイプの呼吸器疾患と闘う準備を進めてきました。

医師のグループは、コロナウイルスを含む12の新しい肺炎のリストを発表しました。

政府はまた、インフルエンザや気管支炎など、あらゆる種類の急性呼吸器感染症に対する全国的なキャンペーンを提案しました。

政府はまた、コロナウイルスに関連する病気の原因を調査するために「国民医療調査チーム」を設立しました。

東京は、肺炎の疑いがあると警告する緊急警報レベルを、最新の開発に続いて4から5に上げる予定です。

国は以前に症例を経験したことがあるが、コロナウイルスは最も多くの感染を引き起こした。

ニューヨークシティFCは、ブラジルのフォワードであるアルバロ・サボリオを買収した、MLSsoccer.comは学んだ。

24歳のサボリオは、ニューヨークのFCの名簿に登録し、国際移転証明書とP-1ビザの受領を待ちます。

ニューヨークシティFCは、12月10日にバンクーバーホワイトキャップスFCとの取引でサボリオを買収しました。この取引により、ニューヨークダラスとの取引で今週買収された2016 MLS SuperDraftで、ニューヨークシティFCが1位になりました。

サボリオはバンクーバーで見るべき興味深い選手でした。彼はWhitecapsとVancouverで複数のローン噂の対象となっています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

コロナ来日制限、韓国が対抗措置検討 日本に撤回求める [新型肺炎・コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
www.asahi.com


Photo by 鄒正宏

今日の考察/特殊な冷凍庫故障か、コロナワクチン1千回分が使用不可(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース2011年11月17日 午後2時15分 日本時間 (時間は全て米国中部標準時) 午後1時25分-香港へのコロナワクチン1万本の出荷が...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です