考察

今日の考察/米クルーズ船内で多数の感染者か 3500人搭乗、横浜と同社 米CDC調査 – 毎日新聞

日本当局は、カリフォルニアから金曜日に出航したクルーズ船で妊娠した3人の女性に小頭症を引き起こす可能性のあるジカウイルスの存在を確認したと当局は月曜日に述べた。

米国疾病対策予防センターは、船に乗った2人の妊婦で、赤ちゃんに重度の先天異常を引き起こすウイルスを確認し、金曜日にフロリダキーズに向かう途中でカリフォルニアを去りました。

クルーズ船の船長は火曜日に地方当局にウイルスを報告しました。

カーニバルトライアンフの推定3500人が船に乗っていました。

クルーズラインは、追加の乗客が船から降ろされるかどうかを決定するためにクルーズ船の当局と相談しており、利用可能であればさらなる情報を提供すると述べた。

カーニバルは、乗客を監視し、CDCに関連情報を提供するためにできることをしていると述べました。

CDCは、クルーズ船の乗客をすぐに特定しませんでした。

巡航路は、他の2人の妊婦に何が感染を引き起こしたのかを判断するために地元の保健当局とも協力していると述べた。

クルーズラインは、クルーズ船に関する情報と最新情報を乗客とCDCに提供すると述べた。

今日の考察/“緊急事態宣言で休業要請の対象として検討”カラオケ店は|NHK 首都圏のニュース続きを読む ナショナル・キャピタルがカラオケ・パーラーを閉鎖すべき理由 デリー政府は日曜日に、市内の5つのカラオケセンターに対して緊急...

乗客へのメッセージの中で、カーニバルは影響を受けた可能性のある乗客を特定するために疾病管理予防センターと密接に協力しており、クルーズ船のウェブサイトwww.carnival.comで情報を提供していると述べました。

クルーズ船は2,400人の乗客を運んでいましたが、カーニバルは月曜日にその数は3,500人に達する可能性があると述べました。

クルーズ船は以前に米国で停止したことがありますが、ジカウイルスに感染したことはありません。

8月21日にサンディエゴを出発し、8月29日にカリフォルニア州ロングビーチに到着しました。フロリダへの旅行を続ける前に、カリブ海で停車する予定です。

米国CDCは声明の中で、このウイルスはネッタイシマカの刺されによって拡散すると述べた。ネッタイシマカがその地域に広がり、噛まれた人に伝染すると考えられています。

CDCは、出産適齢期の女性にジカの発生地域への旅行を避けることを推奨しています。

CDCは、次の国々でジカウイルスが活発に感染していると述べました。カボサンルーカス、コロンビア、クレブラ、ブラジルのグアナバラ湾;ガイアナ;プエルトリコのリーワード諸島。マルティニーク;スリナム;フランス領ギアナ

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

米クルーズ船内で多数の感染者か 3500人搭乗、横浜と同社 米CDC調査 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by Geoff J Mckay

今日の考察/3度目の緊急事態宣言発令へ 東京、大阪、兵庫の3都府県に(産経新聞) - Yahoo!ニュース(2013年4月13日に更新。現在、NWSは日本全国に緊急事態宣言を発令しています)。 2014年4月8日(日)、NWSは以下の地域に...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です