考察

今日の考察/新型コロナウイルス 国内の感染確認1067人(クルーズ船含む) | NHKニュース

日本政府機関によると、1067人が新しいコロナウイルスにさらされたことが確認されています。

この発生は、人間にペストを引き起こす細菌であるペスト菌に関連すると考えられています。

保健省は、確認された症例の数は以前の症例と類似していると述べた。

当局は、監視を通じて新しい感染の広がりを監視し続けると述べた。

ケースは日本の4つの地域からのものであると述べた。

エルシニアペスト菌は、人間を含む哺乳類に感染する可能性があります。

咳をしたり、くしゃみをしたり、汚染された水を飲んだりするときに、空気を介して人から人に感染する可能性があります。

げっ歯類に自然に発生するウイルスは、通常、軽度の病気を引き起こしますが、医師の診察を求めない場合は致命的です。

今日の考察/首相、コロナ対応は“低姿勢”に転換 「政治とカネ」では素っ気なく 予算委 - 毎日新聞安倍首相は、故・博仁氏の国葬問題について、今後は「目立たない」アプローチを取るという。 木曜日、安倍首相は、ヒロヒトを国立墓地に埋葬す...

感染症は抗生物質で治療できます。

病気は、世界保健機関によると、調理不足の肉や汚染された食物を食べることでも伝染する可能性があります。

このウイルスは、最近シンガポールで発生したペストの発生など、病気の発生に関連しているアジアの一部で特に一般的です。

今年の初めに、フランスとスイスで別のコロナウイルスがウマで流行していることが判明しました。

米国およびその他の地域では、大量の化学物質を高圧で地中に注入することを含む、「フラッキング」プロセスの潜在的な健康への悪影響に多くの焦点が当てられてきました。議論は、そのような有毒化学物質が人間に有害であるかどうか、そして現在のプロセスが安全であったかどうかに焦点を合わせています。ここでは、フラッキング液中の発がん性化学物質の数が地質によってどのように変化するかを調査します。ほとんどの場合、これらの化学物質の地質学的に低いレベルがフラッキング流体に使用されていました。 Marcellus頁岩の場合、ベンゼンやトルエンなどの化学物質や他の化学物質を使用して岩石を「分解」することは、Marcellus頁岩の癌率上昇の原因ではないことを実証しました。フラッキング流体は、代わりに、油井の井戸から生じる可能性があります。

概要

米国では、非従来型の石油とガスの抽出(UOG)プロセスの潜在的な環境への影響について議論が激化しています。これには、数十億ガロンの水、化学物質、砂を高圧で地下のシェール層に注入することが含まれます。有毒化学物質が人体に有害である可能性があるかどうかに議論が集中している一方で、環境への潜在的な影響への関心はあまりありません。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型コロナウイルス 国内の感染確認1067人(クルーズ船含む) | NHKニュース
www3.nhk.or.jp


Photo by MACSD

今日の考察/菅首相、GoToトラベル「しかるべき時期に再開」1兆円を予算計上:東京新聞 TOKYO Web首相はまた、近いうちにGoToトラベルサイトのオープンを発表する準備があると述べた。 計画は、観光客がデジタルチケットで部屋を予約し、...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です