考察

今日の考察/中国とWHOに陥れられた韓国の悲惨 新型コロナ拡散は中国の圧力が原因?日本も他人事ではない(1/3) | JBpress(Japan Business Press)

中国の人気中国記事

中国:グローバル現象である新しい韓国

他の記事へのリンク

[5]

[6]

今日の考察/韓国への言及冷淡に? 菅首相演説「未来志向」消える:時事ドットコム韓国への生ぬるい言及? 菅氏の「未来志向」発言が消える 時事ドットコム女性 時事ドットコム女性 菅氏の未来志向のスピーチでは、日中両...

多くの研究が、認知能力に対するカフェイン消費の影響を調査しています。カフェインはいくつかの処方薬の成分であり、人間によって広く使用されています。この記事では、認知能力と記憶に対するカフェインの影響を調査した最近の人間と動物の研究の結果をレビューします。ほとんどの研究は、カフェインが健康に害を及ぼさず、場合によっては有用であることを示唆しています。ただし、カフェインがいくつかのタスクでパフォーマンスを損なう可能性があるという実質的な証拠があります。これらの発見は、カフェインが「認知促進剤」であるという見解と一致していません。カフェインは、作業記憶、注意、反応時間、持続的な注意を伴う作業のパフォーマンスを損なう可能性が最も高いようです。

カフェインは刺激薬であり、世界で最も広く使用されている薬の1つです。前世紀には、米国およびその他の国でのカフェイン含有製品へのアクセスが増加した結果、カフェイン消費が劇的に増加しました。米国はカフェインの最大の消費者であり、消費量は1970年の1日あたり約9.4 mgのカフェインから2001年の1日あたり14 mg以上に増加しています(1)。

過去20年間で、研究者は幅広い認知機能に対するカフェインの効果を研究してきました。この分野で最も広く引用されている人間の研究は、単純な視覚タスクのパフォーマンスに対するカフェインの影響を調べています。しかし、これらの研究の結果は非常に多様であり、カフェインが認知機能に幅広い影響を与えることを示唆しています。人間の研究は、カフェインが健康に害を及ぼさず、場合によっては有用であることを示唆しています。しかし、カフェインは「認知促進剤」ではないというかなりの証拠があります。カフェインは、作業記憶、注意、反応時間、持続的な注意を伴う作業のパフォーマンスを損なう可能性が最も高いようです。

認知機能に対するカフェインの効果は、いくつかのメカニズムによって媒介されると考えられています。

カフェインは、血圧、心拍数、脳への血流を変化させ、脳への血液供給を増加させます

カフェインは、脳内のドーパミン濃度と脳への血液供給を増加させます。

カフェインは、脳内のグルタミン酸濃度と脳への血液供給を増加させます。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

中国とWHOに陥れられた韓国の悲惨 新型コロナ拡散は中国の圧力が原因?日本も他人事ではない(1/3) | JBpress(Japan Business Press)
jbpress.ismedia.jp


Photo by Onasill ~ Bill Badzo – 69 Million Views

今日の考察/青森県内コロナ感染、新規6人、累計149人に|行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥日本最北の県の一つである青森県では、2016年10月にウイルスが初めて検出されて以来、146例の報告があり、2016年11月からは159...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です