考察

今日の考察/対日入国制限、韓国内からも批判「防疫より政治的思惑」 [新型肺炎・コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

1. 2月、韓国テレビ放送協会(KFVRB)と韓国通信標準化委員会(KCSC)は、エボラの事件の「確認」に関して一般に提供された「機密」情報の共同調査を開始しました。米国調査の結果、「情報は正確ではなかった」ことが判明し、「公的機関に対する国民の信頼が損なわれた」ことが判明しました。

2.「エボラウイルスに関連すると疑われる新しいタイプの肺炎(コロナウイルス)の最近の発生を考慮して、米国でのエボラの症例の確認に関して一般に提供された情報の追加調査を開始しました。 」とKCSCの業界関係者は語った。

3.「KCSCとKFVRBは、放送と国民の安全に対する国民の信仰を防ぐために、ラジオおよびテレビ放送の安全を確保するための予防措置を講じることに決めました。」当局者は、調査は「エボラ事件とは無関係の予防措置」として始まったと付け加えた。

4.当局者はまた、KCSCとKFVRBは調査が徹底的かつ公正であることを確認すると述べた。

火曜日の夜、コリアヘラルドは、エボラの治療を受けている市民に関する米国からのニュースレポートについて報告しました。コリア・ヘラルドは次のように書いた:「米国疾病対策センターの報告書で言及されたエボラの症例は、この病気とは関係がない」と保健当局は述べた。

以前の報告書で、韓国のヘラルド紙は、韓国国民が病気を心配しなくなったにもかかわらず、韓国放送局(KBS)が今年エボラ事件を起こすと書いた。

コリア・ヘラルドは、2月に米国でエボラの治療を受けている韓国の市民に関するニュースが韓国に大きな問題を引き起こしたと述べた。コリア・ヘラルドは、2月に米国でエボラの治療を受けている韓国の市民に関するニュースが韓国に大きな問題を引き起こしたと述べた。

今日の考察/議長が「黒いドレス」で伝えたこと。トランプ氏に2度の弾劾訴追、「同じ服」で現れた | ハフポストハリウッドリポーター "憲法で最も重要なことの一つは 政教分離だ "と ライアン下院議長は下院の議場で述べた "あなたが大統領になった...

韓国のマスコミは、2月24日から米国の韓国人の事件について報告しているが、コリアヘラルドが事件について報道するまで、報道機関はニュースをより広く広めることができなかった

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

対日入国制限、韓国内からも批判「防疫より政治的思惑」 [新型肺炎・コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
www.asahi.com


Photo by jean louis mazieres

今日の考察/全国の自宅療養者 3万人超える|TBS NEWSNIGMS健康安全保障センターのディレクターであり、米国疾病対策予防センターと退役軍人局の研究者であるダニエル・J・フリードマン博士の共...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です