考察

今日の考察/トランプ氏、参加の集会に感染者「全く懸念していない」 [新型肺炎・コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

2016年5月21日午後11時30分ごろ、東京都の感染症予防接種課長の福田At氏が市長室にメモを送りました。

「日中、首都圏のインフルエンザウイルスのレベルは通常よりも低かったが、G7サミットに参加する人が異常に多いため、インフルエンザウイルスのレベルは通常よりも高くなった。」 G7に参加する人々は、インフルエンザウイルスの存在によるリスクレベルの制限を満たしています。 「G7サミットに出席する人々の間で感染を防ぐための対策を講じることをお勧めします。「状況を引き続き監視します。」

メモの中で、福田は、「5月19日現在、首都圏のインフルエンザウイルスのレベルは通常よりも低かったが、G7サミットに出席する人々の数が異常に多いため、インフルエンザウイルスのレベルは正常を上回った」 」

東京都は、福田の発言と同じ5月22日、次の声明を発表しました。

「5月21日にイタリアのタオルミーナで開催されたG7先進工業国の外相の会合の後、東京都はG7サミットに出席する人々の間で感染のリスクが高いことを確認しました。」保健当局は、インフルエンザウイルスの拡散を阻止し、さらなる感染を防止します。」

G7サミットでインフルエンザに感染した人、または個人用保護具を着用せずにサミットに参加した人は、伝染性があると見なされます。

5月25日、福田は、G7サミットに出席する人々の間での高レベルの感染は、サミットに出席する人々の数に影響を及ぼさないと述べた。彼は言った:

今日の考察/大阪維新の「ニューリーダー」吉村氏、求心力に課題(1/2ページ) - 産経ニュース沖縄の復興 2005年8月現在、東京都、大阪府、日本財団が提案する新たな都市再生プロジェクト「沖縄復興」により、戦前の都市の復興が始ま...

「大規模な発生がない限り、G7サミットに参加する人々の感染リスクは低いと予想されます。」G7サミットに参加して、保護靴を着用し、手指消毒剤を使用することをお勧めします。 「私はまた、集団発生が起こらないように公衆衛生対策を実施できると確信しています。」

5月26日、東京都は次の声明を発表しました。

「5月21日にイタリアのタオルミーナで開催されたG7先進工業国の外相の会合に続いて、東京都はG7サミットに出席する人々の間で感染のリスクが高いことを確認しました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

トランプ氏、参加の集会に感染者「全く懸念していない」 [新型肺炎・コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
www.asahi.com


Photo by taylor.99

今日の考察/札幌市と大阪市が目的地の旅行、Go To トラベル対象外に - TRAICY(トライシー)これは初めてのことで、どう受け止められるかわかりませんが、旅そのものの話ではありません。旅行のことであって、いつまでガマンを我慢するかと...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です