考察

今日の考察/中旬再開予定の国立博物館やディズニー、延期検討に大わらわ…自粛要請延長で : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

このプロジェクトに貢献したい場合は、GitHubでフォークしてプルリクエストを送信してください。変更を確認してマージします。

タイソンをご利用いただきありがとうございます!

ライセンス

Copyright(C)2013-2017、Tyson Software Ltd.

Apacheライセンス、バージョン2.0(「ライセンス」)の下でライセンスされています。ライセンスに準拠する場合を除き、このファイルを使用することはできません。次の場所でライセンスのコピーを入手できます。

適用法で要求されるか、書面で合意しない限り、ライセンスの下で配布されるソフトウェアは、明示または黙示を問わず、いかなる種類の保証または条件もなしに、「現状のまま」で配布されます。ライセンスに基づく許可と制限を規定する特定の言語については、ライセンスを参照してください。

スタンフォードの研究者による新しい研究は、脳の単純な操作が外傷性脳損傷の影響を逆転させ、より良い結果につながる可能性があることを示しています。

この研究は、Journal of Neuroscienceに掲載される前にオンラインで公開されました。

今日の考察/大阪、過去最多の490人感染 新型コロナで4日連続更新、東京上回る 前日に続き400人超 - 産経ニュース"東京では感染が続いていますが、大阪ではチフス熱の症例が多く報告されています。チフス熱の症例がどのようにして感染しているのかは不明。ただ...

脳卒中や外傷性脳損傷などの永続的な脳の変化を引き起こす脳損傷は、多くの場合、それらの損傷を長い​​間受けていた人々の行動に影響を与えます、とシニア著者マイケル・ローゼン、MDスタンフォードの外傷脳損傷研究センターの。これらの変化は、記憶、注意、言語、判断、運動機能に問題を引き起こし、長期的な問題につながる可能性があります。

「脳損傷を治癒する方法は1つしかないと考えていました」とRosen氏は言います。患者は自分で回復しようとしても、非常に予測可能なパターンで回復する傾向があることに注意してください。

しかし、患者は予測可能なパターンで回復しますが、外傷性脳損傷の場合はそうではありません。

場合によっては、外傷性脳損傷のある人は、健康な人とは異なる回復パターンを経験する可能性があります。同じ脳損傷でも回復パターンが大きく異なる場合があります。

ローゼンと彼の同僚は、特定の状況下では、脳が変化し、人々が回復するのを助けることができる方法でそれ自体を再配線できると仮定しました。

研究者は経頭蓋磁気刺激と呼ばれる技術を使用して、意思決定と感情処理に深く関与している後部帯状皮質(PCC)と呼ばれる脳の領域を刺激しました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

中旬再開予定の国立博物館やディズニー、延期検討に大わらわ…自粛要請延長で : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by U.S. Naval Forces Central Command/U.S. Fifth Fleet

今日の考察/「GoTo」見直し提言 感染地域対象、営業を短縮―リスクに警鐘・コロナ分科会:時事ドットコムリスク:感染地域での再感染 https://www.jiji.com/.cg/article.jsp?item_id=87618 (著...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です