考察

今日の考察/新型コロナ 姫路で院内感染か 伊丹のデイケアでも複数 | サンテレビニュース

2016年1月2日14:37に投稿|沿って

寒さにさらされた結果、子供たちが呼吸器感染症で病気になり始めるのは、この時期です。

同じことが学童や大人にも当てはまります。彼らはそれを感じないかもしれませんが、彼らの体は苦しみ始めています。

天気が寒くなるにつれて、多くの日本の学校や幼稚園は、子どもたちが寒さから逃れるのを助けるために、お湯に変わり始めました。

過去には、子供が肺を呼吸させるために教師が鼻と口をなめなければならないことがよくありました。

今日、教師が生徒の呼吸を助けるために熱せられたファンを使用して鼻を空気でこすることは珍しくありません。

しかし、今では同じ目的でお湯が使用されているため、一部の親からは練習が行われています。

彼らはそれが不公平であるだけでなく、危険でもあると言います。お湯は、子供たちに「伊丹デイケア症候群」(柔術衣)と呼ばれる感染症を引き起こす可能性があります。

この症候群は風邪の症状であり、生徒が青くなり、呼吸困難になることがあります。

今日の考察/ミャンマー大使、国連総会で「3本指」 国軍クーデター抗議演説 | 毎日新聞ルワンダ、クーデターを非難、ニューヨークの大使を停職 - ロイター 米国務省、ミャンマーの軍事クーデターを非難 - AP ミャンマー...

伊丹症候群と診断された一部の人々は、医師の診察を受けるために肺の気道を切開しなければなりませんでした。

これに加えて、寒さにさらされている一部の人々は体温が上昇しています。

伊丹デイケア症候群に関する最近のテレビドキュメンタリーで、ファンによって温められたお湯のある部屋の温度が摂氏5度以上上昇しやすいことが明らかになりました。

教師の報告によると、生徒がお湯に長時間さらされた後、疲れて頭痛に苦しむことはよくあることです。

そのため、学校は、一部の教室で湯浴が使用されないようにしています。

「温水浴を禁止する必要性を受け入れたがらなかった教師もいますが、彼らは確信しています」と教師は言いました。 「今、それを禁止するという考えは時間の問題です。」

「彼らのうちの何人かは、ニュースに非常にショックを受けており、彼らは教室でお湯がまだ使用されているかどうかを尋ねてきた」と彼は付け加えた。 「しかし、それは禁止されていません。それはお湯がまだいくつかの教室で非常に人気があるからです

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型コロナ 姫路で院内感染か 伊丹のデイケアでも複数 | サンテレビニュース
sun-tv.co.jp


Photo by Palácio do Planalto

今日の考察/横浜 「必要な量の1%に満たず」 ワクチン接種計画を見直し|TBS NEWS(1) 2016年3月4日時点で、横浜警察署(YPD)は、エボラウイルスへの感染の疑いがあると厚生労働省に通報していた。 (2) YP...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です