考察

今日の考察/愛知 岡崎で親子の感染確認 県内104人 新型コロナウイルス | NHKニュース

遊走性紅斑

フザリウムベネナタ

A型肝炎

B型肝炎

ライム病

髄膜炎菌性疾患

鳥型結核菌

おたふく風邪

百日咳

今日の考察/学術会議、年内に改革案 会長が井上科技相に伝達 - 産経ニュース2015年7月10日(水)日本学術会議の年末までの改革案は、科学技術分野での国際競争力を高めるとともに、国が高い水準の研究開発を維持でき...

風疹

百日咳

水Vari

帯状疱疹

この記事は、The Japan Timesから提供されています。

TOKYO(The Japan Times)— 2000年以降に生まれた日本人の成人は、他の人よりも生涯に複数のウイルスに感染した可能性が高いと、愛知医科大学などの研究者が発表した研究機関。

今週の一般微生物学協会の年次総会で彼らの調査結果を発表した研究者によると、調査結果は、日本の女性が男性よりもウイルスの感染率が低い理由の手がかりになる可能性がある。

この研究は、母親の年齢と彼女の子供が発症する感染症の数との関係を確立した最初の研究であると研究者は述べた。

研究者は、70,000人以上の日本人の遺伝子データベースからウイルスの遺伝子配列を使用しました。彼らは、2000年以降に生まれた人が関節痛、関節炎、関節リウマチ、または心臓病を引き起こす病気になる確率は、過去50年間に生まれた人よりも1.17倍高いことを発見しました。

研究者はまた、2000年以降に生まれた人が複数のウイルスを発症する確率が6.5倍高いことも発見しました。

この研究では、B型肝炎とインフルエンザの2つの疾患のみを調査しましたが、この調査結果は、後の人生でウイルスを獲得する可能性が他の感染症の方が高い可能性を示唆しています。

研究者は、なぜ女性が男性よりもウイルスに感染する可能性が低いのかは明確ではないと述べたが、女性は妊娠中に母親や他の女性によってウイルスに感染する可能性が高いことを示唆しており、これは日本人の感染率が低いことを説明する可能性がある女性、彼らは言った。

この調査では、2000年以降に生まれた日本人のウイルス感染の全体的な有病率は5.8パーセントであり、過去50年間に生まれた人々のそれとほぼ同等であることがわかりました。

分析された疾患の中で、インフルエンザは2000年以降に生まれた日本人の間で最も流行しており、全体的な罹患率は6.3%でした。

B型肝炎は、3.8%の有病率で、次に最も有病率が高かった

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

愛知 岡崎で親子の感染確認 県内104人 新型コロナウイルス | NHKニュース
www3.nhk.or.jp


Photo by Kanesue

今日の考察/米大統領選、トランプ氏大逆転か 世論調査「バイデン氏優勢」の“落とし穴” 反トランプの米CNNと保守系のFOXニュース、調査結果は正反対 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイトフォックスニュース 世論調査:トランプ氏:45 CNNは トランプ:45 トランプ氏、討論会中にCNNが正しかったと発言 (Page...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です