考察

今日の考察/新型コロナ「米軍が持ち込んだ可能性」、中国外務省の副報道局長がツイート : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

米軍は太平洋でドローンテストを実施したとされており、ペンタゴンは「正確な演習」であると米国メディアに述べた。米国のメディアは、米国海軍が海上の船からドローン(RQ-4グローバルホーク)を発射したと報じました。

多くの報告によると、テストはハワイと日本の沖縄島の間の海域で行われました。

声明の中で、米国防総省は次のように述べています。「2017年10月17日に、米海軍は太平洋の静止している既知の動いている標的に対して精密攻撃任務を実施し、ISISを打ち負かす国際キャンペーンを支援しました。」

また、米軍はP-8Aポセイドン監視航空機とRQ-4グローバルホーク無人航空機(UAV)を使用して、四国の日本の島の北の地域で作戦を行ったと付け加えました。

「米軍には、同盟国と祖国を保護し守る義務があり、私たちは国の安全を維持するために引き続き必要な予防措置を講じます」と声明は結論付けた。

別の声明で、米太平洋司令部(PACOM)は、無人機の飛行が「正確な演習」であり、軍事的脅威をもたらさないことを確認しました。

「米太平洋司令部は本日、グアムのアンデルセン空軍基地の米海軍P-8Aポセイドン航空機が、太平洋上でマーシャル諸島共和国の軍用飛行場からP-8Aポセイドン海上監視飛行を実施したことを確認しました。 「声明は言った。

「この飛行は国際法に従って行われたものであり、米国海軍の飛行規則や規制に違反するものではありませんでした。」

今日の考察/道内の感染者 6日ぶり20人台|NHK 北海道のニュース2017年8月5日 ゥ 北海道での感染者数は、前年比23%増の1万9841人となったとNHKが1日報じた。 北海道の保健省は先月、英...

日本軍も同様の声明を発表し、10月14日に米軍による最初の飛行で空自衛隊RQ-4グローバルホークドローンが日本の領土から南シナ海に飛んだと述べた。

「RQ-4グローバルホークは、韓国のオサン空軍基地の空軍基地から離陸し、国際法と規制に従って南シナ海で偵察飛行を行った」と声明は述べた。

声明は、無人機の飛行は自由で開かれたインド太平洋地域への米軍のコミットメントのデモンストレーションであると述べた。

1週間前、米海軍の船舶は、南シナ海で航海の自由作戦を実施しました。これは、紛争海域における中国の人工島と軍事施設の建設に対応する力の明らかな証拠です。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型コロナ「米軍が持ち込んだ可能性」、中国外務省の副報道局長がツイート : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by European Central Bank

今日の考察/大阪都構想可決なら「地名」どうなる?31年前に「ABC」となった町…”悲劇”は回避できるのか|まいどなニュース大阪」という地名は、その地名の由来となっている本州の島にある市の地理的な位置にちなんでつけられたものである。結論から言うと、大阪は港町で...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です