考察

今日の考察/後手に回ったWHO 中国への配慮見え隠れ―新型コロナ:時事ドットコム

コロナは、太陽風の源である太陽のコロナに発生する高エネルギー粒子の用語です。それは、甘いシロップに砕いたコロナを粉砕したペーストから作られた人気のあるキャンディーの名前でもあります。 19世紀には、世界のほとんどに電気がなかったため、これらの高エネルギー粒子の優先名でした。しかし、1800年代後半のトーマス・エジソンによる電気の発明以来、この用語は、太陽を見ることができるコロナ内の電流を運ぶ粒子を指すためにほぼ排他的に使用されます。

この用語は、1825年にアイルランドの天文学者であり物理学者のジョセフヘンリーコルネイユによって、太陽のコロナを構成する高エネルギー粒子に関連して造られました。コルネイユは17世紀後半にこれらの粒子を太陽大気で観測し、望遠鏡でそれらを観測することが可能になると考えていました。彼は間違っていた。

1829年、彼は論文を発表し、その論文で彼はコロナと呼ばれる粒子の新しい名前を提案しました。彼は、粒子は太陽の表面から放出されている高エネルギー電子の衝突によって引き起こされたと説明した。コルネイユの考えは、粒子はこれらの電子の衝突によって作られ、それらは太陽の表面から放出されているというものでした。

18世紀にヨーロッパで電力が導入されたとき、コロナという用語は、電子の衝突によって作成された高エネルギー粒子の一般的な用語として使用されていました。コルネイユの論文は忘れられ、1833年まで出版されませんでした。この論文はコロナの最初の詳細な説明であり、ロンドン王立協会の哲学取引に掲載されました。この用語は1950年代まで未使用のままでした。1950年代は、電灯の使用が増え、電流を測定する必要が生じたため、その使用が復活しました。

コロナという用語は、20世紀初頭まで米国では使用されていませんでした。 19世紀後半、アメリカのほとんどと世界のほとんどは電気を持っていませんでした。当時、太陽のコロナを構成する粒子などの高エネルギー粒子は、反射した太陽光として太陽の表面から放出されると考えられていました。しかし、コロナという用語が広く使用されるようになったのは、20世紀初頭に電気が導入されるまででした。 1950年代まで米国でも使用されていました。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日の考察/「何もしなければ不作為で政府は責任」 GoToを見直しに追い込んだ専門家の激論 - 毎日新聞なぜ公開採決をしないのか」-毎日新聞ヒロシ '国民投票を見たい' ~あるこさんの国民投票への視点 疑問は素朴なものです。震災から1年...

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

後手に回ったWHO 中国への配慮見え隠れ―新型コロナ:時事ドットコム
www.jiji.com


Photo by chooyutshing

今日の考察/【動画解説】新型コロナ 会食の感染リスク 実際の事例では | 新型コロナ 生活情報 | NHKニュース2008年4月、国立食品・栄養科学研究会議発行。 PDF(942KB このレポートは無料でダウンロードできます。 食事時の感染リス...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です