考察

今日の考察/オーストラリア 入国後2週間の隔離措置へ 新型ウイルス | NHKニュース

公開日:2016年2月4日

国立アメリカインディアン博物館には、2016年1月15日にオープンした新しい「生きた」展示があります。

ワシントンDCの博物館を訪れた人は、博物館の廊下を歩いて、展示会「リビングインディアンウェイズ:文化の祭典」を訪れることができます。

訪問者は、アメリカインディアンの芸術、音楽、ダンスを見ることができる展示を探索することができ、アメリカインディアンが南北戦争によってどのように影響を受けたか、そして彼らがどのように反応したかを学ぶことができます。

展示に加えて、博物館では訪問者が体験できる多くのアクティビティも提供しています。博物館では、毎月第3木曜日に無料の文化ダンスナイトも開催しています。

博物館の「生きたアメリカンインディアンウェイズ」展示は、2000年ワシントンDCメリーランドアベニュー1601にある博物館にあります。

展示のウェブサイトはこちらにあります。

昨年末に外務省で発表された記事の中で、著者のブルース・A・ベンソンとデビッド・W・バーソンは、米国はイランとの新たな交渉を開始して、両国間の現在の対立を解決しようと主張した。

今日の考察/米大統領選、トランプ氏大逆転か 世論調査「バイデン氏優勢」の“落とし穴” 反トランプの米CNNと保守系のFOXニュース、調査結果は正反対 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイトフォックスニュース 世論調査:トランプ氏:45 CNNは トランプ:45 トランプ氏、討論会中にCNNが正しかったと発言 (Page...

2人の著者は元米国当局者であり、彼らは外交政策の確立で新しいラウンドの交渉を求める声高さのカップルです。しかし、現在の交渉の前夜のデイリー・ビーストとのインタビューで、ベンソンは彼と彼の同僚、元国務省の役人は「イランとの新しい話し合いの擁護者ではなく、私たちは何らかの種類を擁護していないと思う戦争の。”ベンソンはまた、この地域で対立する可能性について懸念を表明した。

インタビューで、ベンソンは、米国は交渉で「建設的な解決策を見つける」べきだと述べ、元交渉者として、「米国が持っているより良い代替案は見当たりません。唯一の代替案は私たちが本当に他に何もできないという決定を下します。それが本当の危険だと思います。それは、事故を引き起こしたり、事故につながる可能性が最も高いと思います。」

彼は続けて、米国には自らを守る権利があるが、「私たちは侵略者になる国ではない」と述べた。

ベンソンは、イランの指導部は、米国からではなく、サウジアラビアやイスラエルを含む他の地域の大国から来る真の脅威に直面していることを説明し続けました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

オーストラリア 入国後2週間の隔離措置へ 新型ウイルス | NHKニュース
www3.nhk.or.jp


Photo by hartlandmartin

今日の考察/米大統領選、トランプ氏大逆転か 世論調査「バイデン氏優勢」の“落とし穴” 反トランプの米CNNと保守系のFOXニュース、調査結果は正反対 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイトフォックスニュース 世論調査:トランプ氏:45 CNNは トランプ:45 トランプ氏、討論会中にCNNが正しかったと発言 (Page...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です