考察

今日の考察/伊から帰国の無症状3人、感染確認…10~20歳代 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

子供の感染、疑わしい女性の感染など

PEPFARの資金調達:使用方法、期待できること

PEPFAR:HIV / AIDSと戦うためのオバマ政権のプログラム。 「PEPFAR」という頭字語は「アフリカのエイズの予防、教育、研究」の略で、ジョージWブッシュ大統領が2008年に29億ドルの法案に署名して以来、受け取った資金をすべて使用する権限をプログラムに付与しています。予算の最大90%まで可能です。このプログラムが実際に資金を使い果たす時期と、それが世界中の流行との戦いにどのように影響するかについて、多くの混乱がありました。

2012年11月の国連報告書によると、PEPFARは2015年末までに資金を使い果たしますが、このプログラムは2008年に開始したプログラムを維持するためにアフリカの多くの地方自治体に資金を提供しています。プログラムへの割り当てを増やさないことで批判されました。 10月、オバマ大統領は、PEPFARを米国連邦予算の主要部分とする予算に署名しました。

PEPFARの対象者は誰ですか?

PEPFARは、HIV感染者、妊婦と新生児、およびHIVに感染している他の女性を含む、リスクのある人々のHIV / AIDSを予防および治療するための財政的、技術的、および行動的支援を提供する米国政府のプログラムです。このプログラムは、米国疾病対策予防センター(CDC)が主導し、米国保健福祉省(HHS)が支援し、国立衛生研究所(NIH)から資金提供を受けています。

PEPFARは何をしますか?

今日の考察/学術会議、年内に改革案 会長が井上科技相に伝達 - 産経ニュース2015年7月10日(水)日本学術会議の年末までの改革案は、科学技術分野での国際競争力を高めるとともに、国が高い水準の研究開発を維持でき...

PEPFARは、次のようなさまざまなプログラムに資金を提供しています。

教育:子供、青少年、および若年成人向けのHIV / AIDS予防教育、および妊婦とその幼児向けのHIV予防教育。

医療サービス:PEPFARの資金は、抗レトロウイルス(ARV)薬を必要とする人への救命薬治療の提供、およびHIV感染者とその子孫(妊娠およびHIVの誕生感染した子供)。

予防:PEPFARは、米国でHIVと梅毒を予防するプログラムに資金を提供しています。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

伊から帰国の無症状3人、感染確認…10~20歳代 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by DanMarzocchi

今日の考察/社民、分裂へ 立憲合流で離党容認:時事ドットコム憲兵隊、与党連合の分裂にもかかわらず結束を急ぐ 共同 角栄。 首相が提案した内閣案を支持しない 毎日新聞 安倍首相、月曜に新内閣案を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です