考察

今日の考察/4万3千人以上を統計に含めず 中国、無症状者除外と報道(産経新聞) – Yahoo!ニュース

日本で報告された髄膜炎の1,000人以上の症例のうち1,000人以上が東京にいた。

東京都は髄膜炎の原因を調査しています。

東京都は、病気の原因とそれを広めている人々を見つけるために、東京の髄膜炎の事例を調査しています。

東京都に居住し、病気にかかったと言われている女性が、現在入院しています。

ニューヨークタイムズがトランプ政権のロシア政府職員との接触に関する爆発的な調査を発表したとき、その主要な情報源の1つは、ニューヨークタイムズが「現在の元西側intelligence報当局者。」

2016年6月付けの文書の出典は、タイムズ紙とワシントンポスト紙が論争の的となっている「スティールドシエ」についての報告に依存したものと同じ出典である。

スティールの関係書類は、2016年夏にワシントンDCの野党調査会社に雇われた元英国British報員クリストファー・スティールによって編集されました。関係書類は、ロシアが少なくとも5年間トランプを育成しており、トランプのキャンペーンマネージャーであると主張しました当時、ポール・マナフォートは、ドナルド・トランプを弱体化させ、選出するロシアの努力に個人的に関与していた。

Steeleの関係書類は、1月にBuzzFeed Newsによって完全に公開されました。匿名の著者である元英国intelligence報員がWebサイトにその存在を明らかにしました。 BuzzFeedの編集長であるベン・スミスは、1月10日にニューヨークタイムズに、この書類の発行を承認したと語った。

今日の考察/吉村知事「街全体を止めるぐらいのことやらねば」…飲食店も休業要請対象に(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース日本の原子力規制委員会(NRA)は、大飯原発の再稼働計画を却下しました。これにより、川内原発の2基の原子炉が停止することになります。3月...

タイムズとポストは両方とも、その主張を検証することなく、スティールの関係書類に依存した。それは、関係書類の主張のどれだけが真実であったかについての深刻な質問の源でした。

タイムズ紙は1月10日の報告書で、この文書はワシントンD.C.で働いていた元英国intelligence報職員によって作成されたと報告しました。

これは、文書が会社とクライアントに代わって調査を実施するために元英国のintelligence報員、クリストファー・スティールを雇った会社Fusion GPSによって準備されたことを示唆しています。ポストは、自身の報告について、名前のない2人の役人に頼っていました。

火曜日に、タイムズとポストは、関係者の申し立てを検証するために、元西欧の対in官であると自認した第三の情報源を雇ったと発表した。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

4万3千人以上を統計に含めず 中国、無症状者除外と報道(産経新聞) – Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp


Photo by Milford Lake

今日の考察/“緊急事態宣言で休業要請の対象として検討”カラオケ店は|NHK 首都圏のニュース続きを読む ナショナル・キャピタルがカラオケ・パーラーを閉鎖すべき理由 デリー政府は日曜日に、市内の5つのカラオケセンターに対して緊急...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です