考察

今日の考察/米で3万人超感染 NY州“自宅待機命令”|日テレNEWS24

感染症の専門家は、ニューヨーク州で致命的な呼吸器疾患の症例が長期的に増加していると言われていることの出現に驚いています。

州では今年、インフルエンザ様疾患に感染した30,000人以上の増加が見られました。これは、2008年に報告された数のほぼ4倍です。

保健当局は、ニューヨーク州で150,000人を超える人々がインフルエンザ様疾患を患っていると報告された2002年からの症例の急増後に来ており、18万人以上が報告された2005年にピークに達したと言います。

しかし、ニューヨーク州保健局のデータによると、感染症の増加は、ニューヨーク州の病院でのインフルエンザ患者数の対応する減少と一致していません。数字は、インフルエンザのような病気を持つ10,000人以上が2008年に州の病院から退院したことを示しています-1993年以来の最高の合計。

ニューヨーク州の保健当局は、インフルエンザに似た病気の増加は、ニューヨーク市民が十分な病気の日を得ていないという事実に起因すると考えています。平均的なインフルエンザのような病気は、州の保健局によって「重篤な」病気として分類されており、処方薬または集中治療室での入院のいずれであっても、治療が必要です。しかし、政府によると、病院に助けを求めに行くのは、病気の労働者の約13パーセントだけです。

ニューヨーク州立医学協会の副会長であり、ニューヨーク市立大学の教授であるロバート・J・バート博士は、次のように述べています。

バートは、これほど多くの病気の人(非常に病気の人)が病院を出るのを見たことがないと言いました。

「治療のために病院に行くほど病気になるのは非常に難しい」と彼は言った。

今日の考察/埼玉県知事「まん延防止等重点措置 検討せざるを得ない」|NHK 首都圏のニュース知事によると、最初の症例が確認されたのは週末明けの金曜日で、この病気は3月に初めて確認されたとのことです。 知事は、政府や地域の人々に...

彼によると、インフルエンザ様疾患の大部分は適切に診断および治療されていないことも示唆しています。

「数字は衝撃的だ」とバートは言った。

ニューヨーク州でインフルエンザのような病気が増加した理由は不明ですが、州の保健当局は、ほとんどの症例が季節性であるようだと述べています。

専門家によると、インフルエンザは通常、深刻な病気を引き起こすことはありませんが、高齢者や基礎疾患を抱えている人にとっては非常に恐ろしい病気になる可能性があります

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

米で3万人超感染 NY州“自宅待機命令”|日テレNEWS24
www.news24.jp


Photo by Mark.Stevenson

今日の考察/静岡県内で計42人感染 新型コロナウイルス|あなたの静岡新聞静岡県の山梨国際空港(山梨空港、山梨市)で発生した最新の集団事例は5月18日に確認され、確認された患者数は42人になりました。同病院には...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です