考察

今日の考察/パウエル元国務長官、バイデン氏支持 共和有力者に離反の動き―米大統領選:時事ドットコム

バイデンのトップドナー:億万長者と企業のCEOが副社長を支援

ジョー・バイデン副大統領の支持者たちは、恥ずかしい大会の余波で強力な共和党員から遠ざかったと、新しい世論調査が発見した。

バイデンのトップドナーは、民主党全国大会以降、民主党にシフトしている。非党派の公共完全性センターによる世論調査で判明した。

「トップドナーの民主党へのシフトは重要である」と、世論調査を後援したPublic Citizenグループの法務顧問Scott Ameyは言った。 「それは寄付がまだ右から来ていないと言っているわけではありませんが、これらの人々は民主党員であり、現在、民主党員にお金を与えています。」

世論調査によると、バイデンの支持者は、支持を有名な共和党員から遠ざけました。

たとえば、共和党の大統領候補であるミット・ロムニー氏は、7月と8月に民主党全国委員会のトップドナーとなった。しかし、センター・フォー・パブリック・インテグリティによると、彼は大会終了後3位に落ちたが、その後、彼の立場を改善した。

バイデンは、民主党全国委員会への4つの最大のドナーのうちの2人によって承認され、委員会に合計100万ドル以上を寄付しました。

投票は7月27日から8月3日まで行われ、50人のロビイストと業界のリーダーを対象に調査が行われました。

今日の考察/大阪、過去最多の490人感染 新型コロナで4日連続更新、東京上回る 前日に続き400人超 - 産経ニュース"東京では感染が続いていますが、大阪ではチフス熱の症例が多く報告されています。チフス熱の症例がどのようにして感染しているのかは不明。ただ...

調査したロビイストの60%以上が過去に民主党の候補者または委員会に与えたことがあり、最大の割合(59%)がバラクオバマに与え、次に大きい(52%)がヒラリークリントンに与えたと述べた。調査対象者の約18%が未定であると回答しました。

世論調査では、共和党員がまだワシントンのロビー活動の権力構造で優位に立っていることがわかりました。

調査対象の60%近くが議会の政策に影響を与える役割を果たしていると回答しましたが、ほぼ同じ数が彼らが働いている連邦機関の政策に影響を与えることに影響を与えたと述べています

「ワシントンには共和党の影響力がまだたくさんある」と、ポールの共同ディレクターの一人、ポール・ミレンゴフ氏は語った。 「しかし、それは以前のようにはなっていない。」

世論調査では、多くのロビイストがまだ傍観していることもわかりました。

Center for Public Integrity review of Federal Election Commission申請書によると、調査対象のロビーショップのわずか14%が、バラクオバマ氏のキャンペーンに貢献したと述べた(2004年は約26%)。

また、調査した彼らの約13%だけが、ミットロムニーのキャンペーンに寄付したと答え、2008年の約22%から減少した

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

パウエル元国務長官、バイデン氏支持 共和有力者に離反の動き―米大統領選:時事ドットコム
www.jiji.com


Photo by Traveller-Reini

今日の考察/【動画解説】新型コロナ 会食の感染リスク 実際の事例では | 新型コロナ 生活情報 | NHKニュース2008年4月、国立食品・栄養科学研究会議発行。 PDF(942KB このレポートは無料でダウンロードできます。 食事時の感染リス...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です