考察

今日の考察/緊急地震速報「空振り」続く オオカミ少年避けるために:朝日新聞デジタル

日本は2011年以降、一連の地震と津波に見舞われていますが、それらの自然災害は、政府の津波警報システムにほとんど影響を与えていません。

日本の気象庁の早期警報システム(JMAEWS)として知られているこのシステムは、津波が発生したときに当局に警告するように設計されましたが、1年以上の遅延の後、システムはまだ時間通りに作動していません。

JMAEWSの関係者は、「システムはまだ意図したとおりに機能していない」と認め、同機関は遅延について徹底的な調査を行っていると付け加えた。

このシステムは、10月14〜18日に予定されている同庁の次の科学会議の主要な焦点になります。

早期警戒システムは、2011年3月の東日本大震災後の2011年4月に開始され、マグニチュード9.0の地震が九州の沿岸を襲い、6.9マグニチュードの津波を引き起こし、地域の何千もの家に被害を与えました。

このシステムは、衛星データと日本の現在の気象条件を組み合わせて、津波が進む方向を予測します。しかし、このシステムでは、大地震の前に海がどの方向に移動するかを予測することはできませんでした。

JMAEWSはこの問題に対処するため、運用計画の改訂に取り組んでいます。改正案は10月14日と15日に神戸で開かれる会議で議論される。

早期警告システムは当初、24時間以内に当局に警告するために構築されましたが、その後最大10時間まで早期警告を提供するように拡張されました。

今日の考察/石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」 - 毎日新聞故郷に帰りたくないと言う日本人がいるのも納得ですね。 石破浩は一人で生きることを選んだ男だ。 彼には家族はなく、妻子もなく、一人暮ら...

システムはまた、津波の場所を予測し、災害への準備方法に関する推奨事項を発行するために地元の気象庁に依存しています。

2011年の津波の最初の大地震は3月11日、本州の日本列島で始まりました。1,600人以上の人々がその地震で亡くなり、100年近くでこの地域を襲った最大の地震です。

4月、システムは技術的な問題により再び遅延しました。このシステムには、5月、6月、7月にもいくつかの技術的な問題がありました。

それ以来、システムは時間通りに稼働し続けています。

気象庁は10月16日に調査結果を発表する予定で、システムがいつ稼働するかについての最終的な評決は今年後半に発表されます

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

緊急地震速報「空振り」続く オオカミ少年避けるために:朝日新聞デジタル
www.asahi.com


Photo by FondelaMx

今日の考察/青森県内コロナ感染、新規6人、累計149人に|行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥日本最北の県の一つである青森県では、2016年10月にウイルスが初めて検出されて以来、146例の報告があり、2016年11月からは159...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です