考察

今日の考察/11日 東日本・西日本で大雨に 梅雨前線が北上(日直予報士 2020年06月10日) – 日本気象協会 tenki.jp

日本気象協会は、2020年6月7日(日本の雨季の最終日)に、次の日本の雨季(2020年6月10日)について次の声明を発表しました。

「エルニーニョ現象の予想される強化により、2020年の梅雨はこの週末または次の数日以内に始まると予測されています。

「これは異常に大きくて長い雨季で、2020年6月10日から2020年8月30日までの降水量は平均の50〜60%にものぼります。

「2020年の雨季が記録的に最も湿っている確率は40%と推定されています。1日あたりの降雨量は、1991年の雨季の総降水量を超える可能性があります。2020年の雨季が最も湿っている確率は記録は50%と推定されています。

「2020年の雨季の総降水量は3から5兆リットル(1億-2千億立方メートル)になると予想されており、1991年の雨季に受け取った量の約半分です。これは、5,000倍以上です。 1991年の雨季の降水量の合計です。また、1991年の雨季に受け取った降水量の6,000倍を超えています。」

日本気象協会tenki.jp

UESPWiki – 1995年以来のThe Elder Scrollsのソース

今日の考察/コロナ患者受け入れ、要請→勧告へ 従わないと公表も [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル新たな勧告の対象となった7都市のうちの1つである東北地方の市長によると、感染者数は大きな問題ではないという。 "稲嶺直樹市長は朝日新聞...

エボンハート協定は、モロウィンドにある10か国のグループで、レッドウェーブやその他のリドランの反乱を鎮圧するために結成されました。それは、皇帝、高位の王、皇帝の手とその顧問、国王、高等評議員、ならびに評議会と国王評議員を含むその法廷寺院が率いています。

Ebonheart Pactは、Pact of the Eastに基づいています。エボンハート協定の最初のメンバーは、レドラン連合の偉大な家、インドリル家、レドラン家、およびハラル家でした。現在、帝国のグレートハウスである他のグレートハウスは、レドラン、エボンハート、テルバンニ、アシュランダーズ、およびドウェーマーです。裁判所はビベックに本部を置き、帝国評議会は帝国都市に置かれています。他のグレートハウスはそれぞれの都市にあり、帝国宮殿やエボンハート宮殿も同様です

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

11日 東日本・西日本で大雨に 梅雨前線が北上(日直予報士 2020年06月10日) – 日本気象協会 tenki.jp
tenki.jp


Photo by ali eminov

今日の考察/一関で3人の感染確認 新型コロナ、16日発表 | 岩手日報 IWATE NIPPO東京(AsiaNews) - 東京(AsiaNews) - 福井県の一ノ関市でコロナの新種が発見されたと、日本の科学者らが1日発表した。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です