考察

今日の考察/新型コロナ対策の第2次補正予算 その内容は | NHKニュース

政府は、「コロナ対策」の予算を2017年度に19億円(1,400万ドル)引き上げる一方で、計画よりも高い資金を調達することを目指している。

コロナ対策の最新の補正予算は約80億円(7000万ドル)で、現在の予算は26億円。

コロナは、太陽光が屈折して光線が空間に放射され、物体に当たって高温の反応を引き起こした結果です。

2011年3月の東北地方太平洋沖地震により強い熱波が発生し、北東部と北部の原子炉の電力が失われた後、このプロジェクトは過去3年間進行しています。

このプロジェクトは、新しい原子炉にセーフティネットを提供することを目的としており、2020年までに完了する予定でしたが、福島の危機により中止が強制されました。

政府はこのプロジェクトの予算を現在の予算の10億円から19億円に増やすことを目指しています。

政府はこれまで7億円から16億円に増額することを提案していた。

しかし、福島原発事故以来、新しいコロナ対策の予算は引き上げられていません。

今日の考察/2021年の千葉県知事選挙 自民が鈴木大地氏の擁立を見送りへ - ライブドアニュース都知事選の一次投票を告示(その3) - Japan Times 共同 都知事選は権力闘争に発展する可能性が高い - Japan Tim...

2017年度の新しいコロナ対策プロジェクトの予算は、26億円ではなく80億円程度になりました。

数日前に、Intel Core i3 CPUと500 mAhバッテリーを備えた非常にクールなRaspberry Pi Zero Wについて書きました。これは、1つの20 mAhバッテリーで1日使い切ることができることを意味します。現在、Pi Zero Wは本格的なLinuxオペレーティングシステムを取得しているため、さらに興味深くなっているようです。

Pi Zero Wがバッテリーなしでモニターなしで動作する様子を確認した後、Pi Zero Wが本格的なLinux OSを取得しているというニュースを読んでも、それほど気が狂っているようには見えません。

Raspberry Pi Zero Wが本格的なLinux OSを取得:ハードウェア仕様

Piがゼロであるため、新しいOSはPiZeroOSと呼ばれます。ただし、PiZeroOSはDebian 7「wheezy」に基づいています。 OSの最初のベータ版が数日以内に利用可能になるはずです

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型コロナ対策の第2次補正予算 その内容は | NHKニュース
www3.nhk.or.jp


Photo by tcees

今日の考察/【黒瀬悦成の米国解剖】トランプ氏は本当に負けるのか 再選へ4つのカギ(産経新聞) - Yahoo!ニュースケーシッチ氏の選挙管理者は、トランプ氏は「図々しく嘘をついている」と述べている(ワシントン・エクサミナー) - The Washingt...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です