考察

今日の考察/「北京は非常時に入った」食品市場で4日間で50人超感染確認 | NHKニュース

日本は、日本の核危機に関する情報を米国の雑誌に誰が漏らしたかを突き止めようとしている。東京は米国へのすべての非本質的な旅行を禁止するように促した。米国政府高官は「予防策」として、政府高官はAP通信に語った。

この動きは、日本の国会議員たちがこのスキャンダルについて話し合うために集まったために起こり、それが安倍首相の辞任と日本社会の騒動につながった。外務省は、米国の雑誌は政府からデータを受け取り、許可なくそれを公開したと述べた。

啓示は日本の核の安全性について激しい議論を巻き起こし、東京での抗議デモを促した。一方、この事件に関する新しい政府の方針は、参院の承認待ちです。

安倍首相は木曜日、政府が関与したことが証明されれば辞任すると述べた。しかし、スキャンダルは安倍首相のリーダーシップと直接関係がないため、彼の政権は直接的な結果に直面する可能性は低い。

「私たちが加害者のように見えるように作られているなら、政府はその責任に失敗したでしょう」と彼は言った。

彼は彼の内閣のメンバーと会って、「私たちの都合のよいときに」事件の答えを求めて「適切な時に」会うと述べた。

安倍首相は、日本の国民に「適切な謝罪」を行い、国会議員と面会して新しい政策について話し合うと述べた。

今日の考察/米の新規感染者8万4千人 過去最多に - 産経ニュース"米疾病対策センター(CDC)が金曜日に発表した報告書によると、日本の感染者数は2年連続で最多となった。 2014年の日本の感染者数は4...

「今、この議論をしているのは、この問題の深刻さと、米国の雑誌に情報を漏らした一部の人々が、福島原発事故の影響を受け、大きな懸念の原因となっているためです。すべての人々に」と語った。

放射性降下物の兆候の中で、安倍首相の連立は、金曜日に彼の最も近い政治的同盟国の2つを含む一連の離反によって揺さぶられました。

安倍晋三議員の野党民主党代表・岡田克也氏は、「自分たちの進む方向をとても恐れていた」と語った。

安倍首相の所属であった元指導者の小西昭夫氏は、与党圏から脱退し、野党連合に加わることを発表した。小西氏の辞任は、稲田朋美前国防相の辞任に続くが、両者は政府の決定パネルにさらに数名留まることが期待されていた。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「北京は非常時に入った」食品市場で4日間で50人超感染確認 | NHKニュース
www3.nhk.or.jp


Photo by OldOnliner

今日の考察/学術会議、年内に改革案 会長が井上科技相に伝達 - 産経ニュース2015年7月10日(水)日本学術会議の年末までの改革案は、科学技術分野での国際競争力を高めるとともに、国が高い水準の研究開発を維持でき...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です