考察

今日の考察/「技術的不備」イージス・アショア事実上撤回 安倍政権の求心力低下不可避 – 毎日新聞

関連:

関連記事

過去20年間で、霊長類の世界人口は4倍になりました。この急速な拡大により、飼育下で生活する種の数と一般的な飼育下の霊長類の数が著しく増加しました。霊長類は、チンパンジーやゴリラなどの類人猿から、マカクやマーモセットなどのあまり知られていない種まで、多様なグループです(図1)。これらの種の多くは高度にインテリジェントですが、多くは動物園の貧しい居住者でもあります。最も有名な霊長類種の多くは法律によって保護されており、他の多くの種が絶滅危惧種または絶滅危惧種としてリストされています。米国では、オランウータン、チンパンジー、ゴリラの3つの霊長類が絶滅危惧種に指定されています。

霊長類は、1930年代初頭にブロンクス動物園などの米国で最初の霊長類保護団体を設立するなど、過去1世紀にわたって多くの保護活動の焦点となってきました。 1950年代には、以前は絶滅危惧種と見なされていた霊長類を収容する米国の動物園がいくつかありました。しかし、今後20年間で、米国の動物園に収容されている霊長類の総数は4倍になりました。増加は均一ではなく、ヨーロッパの動物園に収容されている霊長類の数は3倍になり、アジアの動物園に収容されている霊長類の数は4倍になりました。霊長類はまた、動物園、水族館、さらには軍事基地の水族館など、他のさまざまな国内の環境にも収容されていました。

図1

アメリカの動物園の霊長類の数、1960-2004年。

1990年代の終わりまでに、米国の霊長類の総人口は前例のない速度で増加していると見ることができます(図1)。米国の動物園で飼育されている霊長類の数は、1970年代から1990年代半ばまでほぼ3倍になり、動物園コレクションの霊長類の総数は数千に上ることができるようになりました。しかし、動物園で飼育されている霊長類の数が増えても、霊長類の全体的な個体数にはほとんど変化がありませんでした(図2)。最も驚くべき発見は、捕獲された霊長類の数が減少していることです(図3)。

今日の考察/解任されたミャンマー国連大使「抵抗する」 過去に日本留学 | 毎日新聞2017年12月24日、ビルマのネピドーにあるネピドー国務宮殿で演説するキン・マウン・ウー氏。写真提供:アウンサンスーチー/EPA ミ...

図2

アメリカ合衆国の霊長類種の個体数、1980〜2004年。

図3

1990-2005年の米国における霊長類種の個体数

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「技術的不備」イージス・アショア事実上撤回 安倍政権の求心力低下不可避 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by HAMACHI!

今日の考察/横浜 「必要な量の1%に満たず」 ワクチン接種計画を見直し|TBS NEWS(1) 2016年3月4日時点で、横浜警察署(YPD)は、エボラウイルスへの感染の疑いがあると厚生労働省に通報していた。 (2) YP...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です