考察

今日の考察/国内初のコロナワクチン治験、30日開始…来年春~秋の実用化を目指す : 医療・健康 : 読売新聞オンライン

日本の研究者によって開発されたこの薬は「普通の風邪の治療」のために開発されており、今後3年以内にワクチンとして提供される予定です。

ジャポニカと呼ばれるワクチンは、国立感染症研究所(NIID)によって日本で開発されました。

「今後3年以内に普通の風邪のためのワクチンが作れるようになることを期待している」とワクチンの主任研究員である河合勝之博士はロイターに語った。

「私たちはワクチンが強い免疫反応をもたらし、ワクチンを普通の風邪の治療薬として使えるようになることを願っています。」

ワクチンは、Mycobacterium avium subspecies paratuberculosis(M. avium subspecies paratuberculosis)またはMAPMと呼ばれるウイルスから作られます。 MAPMは肺炎を引き起こす細菌であり、感染した人や動物によく見られます。

東京大学の感染症専門医である福田良彦博士は、NIIDと共同で、ジャポニカワクチンの主任科学者です。

研究者たちはまた、ワクチンが細菌によって引き起こされる髄膜炎、肝炎、結核などの他の病気を治療できるかどうかを調査しています。

MAPMは比較的一般的な肺炎の原因菌で、感染した人の空気中に存在し、他の多くの人にも感染する可能性があります。

今日の考察/小池都知事「緊急事態宣言要請も視野に検討」 職員への指示公表 | 毎日新聞東京:「最悪のシナリオに備えている」と知事 - 毎日jp(毎日新聞) (ANSA) - 東京、5月28日 - 麻生太郎財務大臣は土曜日...

ワクチンは、M。avium亜種パラ結核から作られた「スーパー抗体」の助けを借りて肺炎を予防するだろうと研究者たちは信じている。

MAPは人の肺によく見られる細菌であるため、風邪の人が吸入すると肺炎を引き起こす可能性があります。

研究者たちは、ワクチンを薬として使用することにより、病気がはるかに迅速に治療され、苦痛が減ることを期待しています。

彼らは、ワクチンが来年の春か秋に人間の可能性がある試験のために開発されていると言います。

これは、wordpress.orgリポジトリの最新バージョンに基づいて、WordPressサイトの最新バージョンを自動的に生成する非常にシンプルで強力なスクリプトです。

このスクリプトはWPMUDEVで使用するように設計されていますが、それ自体で機能するはずです。

これは、WordPressサイトの最新バージョンを毎晩ダウンロードする自動化スクリプトです

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

国内初のコロナワクチン治験、30日開始…来年春~秋の実用化を目指す : 医療・健康 : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by Auvo Korpi

今日の考察/“緊急事態宣言で休業要請の対象として検討”カラオケ店は|NHK 首都圏のニュース続きを読む ナショナル・キャピタルがカラオケ・パーラーを閉鎖すべき理由 デリー政府は日曜日に、市内の5つのカラオケセンターに対して緊急...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です