考察

今日の考察/神戸新聞NEXT|総合|新型コロナ、34日ぶりに新たな感染者 兵庫県内

ウイルスに感染した人は日本に到着する前に契約しましたが、ウイルスがまれであるということは、リスクが以前考えられていたほど低いということではありません

東京医科大学の感染症専門医である坂部正敏博士は、「これらの症例は毎年多く発生し、日本やブラジルやカリブ海諸国と同じくらいの割合で発生する可能性が高い」と述べた。

坂部氏は、ウイルスは血液、唾液、尿、汗などの体液を介して伝染するとしている。

東京大学医科大学の医師であり、同病院のウイルスクリニックの院長である川本博樹氏は、米国を訪問した後の感染のリスクは非常に低いが、ウイルスが米国に感染する可能性は依然としてあると語った。海外旅行による米国。

川本氏は、ウイルスが日本から米国に広がったかどうかを見分けるのは難しいと語った。

このウイルスは2009年に最初に発見されました。その後、症例数は日本では90%以上減少し、他の影響を受ける国では90%減少しました。しかし、世界保健機関によると、ブラジル、ベネズエラ、エクアドル、ドミニカ共和国での症例が増加しています。

発生は東京地域で始まりました。ウイルスに感染したのは40代の男性。

「日本で7月4日にウイルスに感染した人は現在入院している」と市の公衆衛生局のスポークスマンは木曜日に言った。 「患者は安定した状態です。」

今日の考察/丸山穂高氏 菅首相長男“超高額接待”で話題の飲食店に凸リポ宣言「政治資金で!」(東スポWeb) - Yahoo!ニュース3. SBU)菅首相の息子で、同じく閣僚である東ソー氏がスキャンダルの中心にいる。父の閣僚を助ける見返りに、官僚から贅沢な贈り物を受け取...

男は7月13日に日本を去り、彼の飛行機は7月15日にアメリカに到着した、とスポークスマンは言った。

「現在の情報に基づいて、感染源を特定することはできません」と彼は言った。

男の状態は幾分改善したとスポークスマンは言ったが、保健当局はまだ彼の旅行歴を決定していません。

ホンジュラス保健相のサルバドール・ピネダ氏は、2011年にホンジュラスを訪れた男性もこのウイルスの陽性を示したが、入院していると語った。

日本はウイルスが国民に広まるのを防ごうとしています。 2011年以降、日本は厳格な移民規制を実施しています。また、旅行政策を強化し、入国港を監視するための措置を講じています。

CDCおよびCDCのトム・フリーデン所長は、公衆衛生を確保するために必要な措置を引き続き講じる必要があることを強調しました。

「国際的な広がりのリスクは依然として低い」とフリーデンは声明で述べた

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

神戸新聞NEXT|総合|新型コロナ、34日ぶりに新たな感染者 兵庫県内
www.kobe-np.co.jp


Photo by waychen_c

今日の考察/7万円超接待は「心の緩み」 山田広報官 国会で追及政府は、2020年までに日本のテレビの定期視聴者である国民の数を1億人に引き上げる目標を掲げ、テレビ視聴の目標を1億人に設定した。 2...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です