考察

今日の考察/安倍首相、橋下氏番組で憲法改正への国民投票を力説 – 社会 : 日刊スポーツ

「国の政治体制を変えたいという国民の欲望は、1947年10月27日、憲法復元基本法に基づく憲法に関する国民投票で表明された。安倍首相の勇気ある姿勢のおかげで、憲法は1948年7月24日に復活しました。それから、安倍は人々に新しい憲法を受け入れるように説得しましたが、国民の意志はそれほど簡単には勝ちませんでした。国民の意志は保守党に負け、過半数を占めることができた。民主党は自民党に勝利したが、自民党は国民の意向を聞かずに過ちを犯した」と語った。

-10月29日国会での安倍首相と中山浩二外務大臣

[古いリンクが壊れていたため、リファレンスは2018-02-25に更新されました。]

1947年6月14日、憲法が制定され、1947年12月6日に新憲法が承認された。

「日本の国民は、憲法改正に対する圧倒的な欲求から、提案された基本法に基づいて憲法修復基本法を採択した。1947年に国民投票で採択された基本法には、 、選挙法、政府の制度、そして法の支配を確実にする独立した司法。

基本法は、採択後、何度か改正されています。その改正は、改革の基礎となった基本法を伴う一連の憲法制定会議を通じて実施された。ただし、その過程で、基本法の多くの規定が、憲法を含む既存の法律に組み込まれました。基本法の規定は変更できないとの政府の主張に反して、1948年1月1日に基本法に関する特別改正が行われた。改正は、基本法の最も物議を醸している規定と有権者の過半数によって容認できないと考えられたいくつかの規定を削除しました。改正案は国民に拒否された。

今日の考察/【黒瀬悦成の米国解剖】トランプ氏は本当に負けるのか 再選へ4つのカギ(産経新聞) - Yahoo!ニュースケーシッチ氏の選挙管理者は、トランプ氏は「図々しく嘘をついている」と述べている(ワシントン・エクサミナー) - The Washingt...

1955年9月1日、基本法は再び改正されましたが、今回は法令により改正されました。今回、1955年10月21日に国会で特別改正が採択され、10月21日改正後の基本法に2条の新条が追加されました。これらの条文は、憲法改正に関する「松下条」と「武大」でした

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

安倍首相、橋下氏番組で憲法改正への国民投票を力説 – 社会 : 日刊スポーツ
www.nikkansports.com


Photo by IAEA Imagebank

今日の考察/大阪都構想可決なら「地名」どうなる?31年前に「ABC」となった町…”悲劇”は回避できるのか|まいどなニュース大阪」という地名は、その地名の由来となっている本州の島にある市の地理的な位置にちなんでつけられたものである。結論から言うと、大阪は港町で...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です