考察

今日の考察/「ボルトン回想録」差し止め棄却 米連邦裁「既に損害発生」:時事ドットコム

2010年5月20日

Copyright 2010 MediaVentures

2010年5月20日、ジャカルタ—ボリショイバレエの「回想録」はすでに米国の裁判所により差止命令として却下されており、同社は現在、この作品の将来の使用を許可することを求めています。

Sudhir Chowdhuryの “Memoirs”は、ボリショイバレエディレクター、バルベンドラナートセングプタによって選択および執筆され、2010年に出版された詩のコレクションです。

「私たちは、芸術家または著者が芸術作品を作成するために彼の時間を費やしていることを知らないので、裁判所の決定に非常に驚きました」とBalvendranath Senguptaは言いました。 「私たちはこの決定に非常に失望してショックを受けています」と彼は言った。

同社はすでに裁判所に独自の要求を提出しており、差し止め命令の許可を求めている。

同社の弁護士マイケル・ロボ氏は、差し止め命令が裁判所によって却下されたのは今回が初めてだと述べた。

「今回、裁判所が差し止め請求を却下したのは驚くべきことだ」とロボ氏は語った。 「米国の控訴裁判所はボリショイバレエの著作物が著作権法により保護されていることをすでに判決しています。誰が訴訟を勝ち取るかは不明ですが、控訴裁判所または米国の裁判所は、訴訟に勝ち、作品は保護されます。」

今日の考察/米大統領選、トランプ氏大逆転か 世論調査「バイデン氏優勢」の“落とし穴” 反トランプの米CNNと保守系のFOXニュース、調査結果は正反対 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイトフォックスニュース 世論調査:トランプ氏:45 CNNは トランプ:45 トランプ氏、討論会中にCNNが正しかったと発言 (Page...

裁判所はすでに、ボリショイバレエの作品の米国内での配布または販売を制限する要求を拒否しています。

2010年2月、米国の控訴裁判所は、ボリショイに対する仮差止命令を認めることを拒否したものの、ボリショイバレエがニューヨークでの公演にこの作品を使用することの第1修正権を認めた。

ボリショイバレエの「回顧録」は、ボリショイの過去の公演、特に2010年のサンクトペテルブルク宮殿劇場でのボリショイの最後の公演からの詩「サンクトペテルブルクとその人々」から選ばれた「詩」のコレクションとして説明されています。 」

「回想録」は、ボリショイバレエの事務局長、バルベンドラナートセングプタによって作成されました。バルベンドラナートは、ボリショイの元ディレクターであり、ニューヨークバレエのディレクターでもあります

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「ボルトン回想録」差し止め棄却 米連邦裁「既に損害発生」:時事ドットコム
www.jiji.com


Photo by jean louis mazieres

今日の考察/大阪都構想、前回世論調査から僅差で賛否逆転 反対43・6%、賛成43・3% - 毎日新聞"これまで何度も言ってきたように、今は東京が軽率な動きをしている場合ではない。 慎重になる必要がある」と橋下徹市長。 "都民は変化に投...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です